コエンザイムQ10について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数473
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コエンザイムQ10とは何か
     人間の身体は約60兆個の細胞で成り立っており、それぞれの細胞は生きていくうえで必要となるエネルギーを作り出している。そのエネルギーを生み出しているのは、細胞内にあるミトコンドリアという細胞小器官で、1細胞あたりに50個から200個ほど含まれている。このミトコンドリアは人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%を作り出している非常に重要な器官である。このミトコンドリアがエネルギーを作り出す際に必要とするのが補酵素である。コエンザイムQ10もそのひとつであり、黄色からオレンジ色の結晶状の物質で、匂いはなく水にはほとんど溶けない物質である。そして、このコエンザイムQ10はミトコンドリアに多く含まれており、 人間の体内のすべての細胞に存在し、その濃度は進退の部位により異なっている。(図1:部位別のコエンザイムQ10の量)特に、心臓には多く含まれており、不足すると心臓に影響が出やすいとも言われている。
    図1:部位別のコエンザイムQ10の量
     また、コエンザイムQは2,3位にメトキシ基,6位にイソプレノイド基を持つ、1,4ベンゾキノン構造をした化合物の総称である。これは生体中に広く分布することからユビキノンともいわれ全ての生命にとって欠かすことの出来ない重要な物質である。イソプレノイドの側鎖の長さは生物によって異なり、人間では10個のイソプレン単位を有することからコエンザイムQ10(ユビキノン10,図2)と呼ばれている。
    図2:コエンザイムQ10の化学構造式
    エネルギー生産の過程
     上記で、体内でエネルギーを生産しているのは細胞内のミトコンドリアであると述べたが、はたして、どのようにエネルギー産生が行われ、どのようにコエンザイムQ10がはたらいているのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コエンザイムQ10について
    コエンザイムQ10とは何か
    人間の身体は約60兆個の細胞で成り立っており、それぞれの細胞は生きていくうえで必要となるエネルギーを作り出している。そのエネルギーを生み出しているのは、細胞内にあるミトコンドリアという細胞小器官で、1細胞あたりに50個から200個ほど含まれている。このミトコンドリアは人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%を作り出している非常に重要な器官である。このミトコンドリアがエネルギーを作り出す際に必要とするのが補酵素である。コエンザイムQ10もそのひとつであり、黄色からオレンジ色の結晶状の物質で、匂いはなく水にはほとんど溶けない物質である。そして、このコエンザイムQ10はミトコンドリアに多く含まれており、 人間の体内のすべての細胞に存在し、その濃度は進退の部位により異なっている。(図1:部位別のコエンザイムQ10の量)特に、心臓には多く含まれており、不足すると心臓に影響が出やすいとも言われている。
    図1:部位別のコエンザイムQ10の量
    また、コエンザイムQは2,3位にメトキシ基,6位にイソプレノイド基を持つ、1,4ベンゾキノン構造を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。