少年非行の凶悪化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数507
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     近年、少年犯罪の中で暴力的な犯罪が増えていると同時に、全体的に粗暴的な色彩がどの罪種においてもその傾向が見られる。具体例を挙げると、少年刑法犯検挙人員が交通関係業過を除く中で一番多いとされる窃盗がよい例だ。これの中の『ひったくり』については、強盗とみなしても良いぐらいに危険な行為が数多く存在する。なぜならば、被害者が物を取られまいと必死になっている場合、強引に盗んで怪我をさせる場合が多いからだ。これは、非侵入強盗の路上強盗に値し、非侵入強盗の発生比率で最も高い割合を表している。これの具体的な手口が、バイクなどで追い抜きざまにバックなどを強引に奪うと言う手口である。これらの事から分かるように、近年の少年犯罪は非常に暴力的な事件が多い。その上、少年の犯罪に関しての共犯率が成人に比べて、どの罪種においても常にそれを上回っている。これは少年犯罪での「集団化」が、深刻な状態である事を示している。特に共犯率が酷い罪種は、強盗・傷害・恐喝・住居侵入・器物破損である。これらは2人組の犯行はもちろん多いのだが、最近それ以上に三人以上の犯行が非常に多くなってきている。この集団化傾向は、罪種によって一歩間違えば被害者に対して重傷の怪我を負わせる危険性をはらんでいる。しかしこの集団化傾向は反対に、集まらなければそれほど犯罪を起こさない、一人では犯罪をしにくい傾向であるとも取れる。要するに、周りがあおらない限りそんなに大胆な行動が取れないのではないかと私は思った。
     だが、もちろん例外も存在する。統計的に見て、数から言えば昔(=1960年近く)に比べれば減少傾向にあるのは事実なのだが、それでも世間に衝撃が起きるぐらいの事件を犯す少年もいるのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・少年非行の凶悪化について
     近年、少年犯罪の中で暴力的な犯罪が増えていると同時に、全体的に粗暴的な色彩がどの罪種においてもその傾向が見られる。具体例を挙げると、少年刑法犯検挙人員が交通関係業過を除く中で一番多いとされる窃盗がよい例だ。これの中の『ひったくり』については、強盗とみなしても良いぐらいに危険な行為が数多く存在する。なぜならば、被害者が物を取られまいと必死になっている場合、強引に盗んで怪我をさせる場合が多いからだ。これは、非侵入強盗の路上強盗に値し、非侵入強盗の発生比率で最も高い割合を表している。これの具体的な手口が、バイクなどで追い抜きざまにバックなどを強引に奪うと言う手口である。これらの事から分かるように、近年の少年犯罪は非常に暴力的な事件が多い。その上、少年の犯罪に関しての共犯率が成人に比べて、どの罪種においても常にそれを上回っている。これは少年犯罪での「集団化」が、深刻な状態である事を示している。特に共犯率が酷い罪種は、強盗・傷害・恐喝・住居侵入・器物破損である。これらは2人組の犯行はもちろん多いのだが、最近それ以上に三人以上の犯行が非常に多くなってきている。この集団..

    コメント2件

    57030332ok 購入
    よく出来ていました
    2006/11/13 16:38 (10年1ヶ月前)

    popo08112008 購入
    参考になりました。
    2007/05/25 18:40 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。