わが国の犯罪情勢について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数655
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学犯罪銃器薬物検挙率

    代表キーワード

    法学犯罪検挙率

    資料紹介

    ・ 銃器犯罪
     犯罪白書に記載されている(=警視庁生活安全局)データによると、最近5年間における銃器発砲件数は、年によってまちまちだが年々増加傾向にあると言える。この犯罪の大半の割合を占めるのは、暴力団構成員すなわち、暴力団に関係している者が多い。しかし、ここ最近では暴力団関係者以外の者の銃器使用犯罪検挙件数が、少しずつだが増加している。
     この事に直接結び付けられると、断定する事出来ないが、現在日本に入って来ている銃器は着実に増加している。特に、2000年から2002年ぐらいにかけて、ロシア製の拳銃『トカレフ』又は、『マカロフ』と言う拳銃が北海道経由で急増しているらしい。(=参考資料……2002年1月5日,4月7日の朝日新聞から)しかも、全国へ輸送する方法もかなり複雑かつ難解になっているらしい。(【例】寝台特急列車を利用して運ぶなど)
     私は、これらの銃器犯罪又は、銃器密輸はこれから益々増加していくのではないかと思う。なぜならば、銃器犯罪の件数が少しずつだが増えている上に、密輸の手口も難解になっているからである。そして、密輸する側からすれば富のある日本はかっこうの取引先になっていると、推測できる。これらを打破するには一つ一つの密輸経路を潰していくしか手はないと考える。現在の銃器犯罪は、確かにアメリカとは比べ物にならないくらいに安全だが、国内だけを見てみると危険度は高く感じる。これを国内の視野と見るか、世界の視野で見るかによって安全性が変わってくるので是非とも日本の警察には、国内の視野でこれらを見てもらって対処してくれる事をせつに、願う。
    ・薬物犯罪
     これら薬物犯罪は大きく分けて3タイプある。一つ目は、覚せい剤事犯。ニつ目は、麻薬等事犯。三つ目は、毒劇法違反の3である。どれも薬物違反であるが、それぞれの専用の法律がある為に3つに分けられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゼミレポート
    課題:わが国の犯罪情勢について
    銃器犯罪
    犯罪白書に記載されている(=警視庁生活安全局)データによると、最近5年間における銃器発砲件数は、年によってまちまちだが年々増加傾向にあると言える。この犯罪の大半の割合を占めるのは、暴力団構成員すなわち、暴力団に関係している者が多い。しかし、ここ最近では暴力団関係者以外の者の銃器使用犯罪検挙件数が、少しずつだが増加している。
     この事に直接結び付けられると、断定する事出来ないが、現在日本に入って来ている銃器は着実に増加している。特に、2000年から2002年ぐらいにかけて、ロシア製の拳銃『トカレフ』又は、『マカロフ』と言う拳銃が北海道経由で急増しているらしい。(=参考資料……2002年1月5日,4月7日の朝日新聞から)しかも、全国へ輸送する方法もかなり複雑かつ難解になっているらしい。(【例】寝台特急列車を利用して運ぶなど)
     私は、これらの銃器犯罪又は、銃器密輸はこれから益々増加していくのではないかと思う。なぜならば、銃器犯罪の件数が少しずつだが増えている上に、密輸の手口も難解になっているからである。そして、密輸する側からすれば富の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。