児童虐待について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,507
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?,序論
     近年、子供への暴力いわゆる、児童虐待が急増している。その証拠に、虐待防止センター・電話相談局などへの問い合わせの件数が平成4年あたり徐々に急増している。大体の件数だが、平成2年では約1000件だったが、平成12年では13000件以上の問い合わせがあった。このように、もはや家庭の問題だけではなくなって、社会全体の問題になりつつある。この問題に、どのような特徴・傾向がありその解決策・問題点を調べ、この問題に対しての行政の働きなどは、どうなっているのかを調べて行きたいと思う。
    ?,本論
     まず、虐待にはさまざまなパターンが存在する。大きく分けて4つパターンがある。
    ?身体虐待
     子供に怪我を負わせたり、生命が危うくなるような事をして体に苦痛を与える事。
    ?性的虐待
     性的ないたずらや性行為をする事。
    ?ネグレクロ
     子供に適切な衣食住の世話をしないなど、子供をほったらかしにしておく事。例えば、ご飯を長い間食べさせない、衣服を変えない、病気になっても医者に見せない、危険な場所に置き去りにする、どこか狭い空間に閉じ込めるなどだ。
    ?心理的虐待
     心理的いじめの事で、子供を情緒不安定にさせるなどの心に傷を作る行為だ。例えば、子供の存在をまったく無視したり、わざと脅えさせたり、大きな声で罵声を浴びせたりなどさまざまだ。
     これらの虐待は、全て子供の人格形成に大きく影響してくる。その上、虐待から救い出した後もケアーを怠るとそれがトラウマとなり、何らかの症状になって出てくる場合がある。だから、虐待を受けた子どもに対しては、単に保護するだけでなく、心理的治療が不可欠となるのだ。しかも、虐待事例においては、保護者が心配して来所する一般の相談とは異なり、保護者は虐待の事実を認めなかったり、否定したり、気付いていなかったりすることも多く、相談や子どもへのサービスを実施しにくい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童虐待について
    Ⅰ,序論
    近年、子供への暴力いわゆる、児童虐待が急増している。その証拠に、虐待防止センター・電話相談局などへの問い合わせの件数が平成4年あたり徐々に急増している。大体の件数だが、平成2年では約1000件だったが、平成12年では13000件以上の問い合わせがあった。このように、もはや家庭の問題だけではなくなって、社会全体の問題になりつつある。この問題に、どのような特徴・傾向がありその解決策・問題点を調べ、この問題に対しての行政の働きなどは、どうなっているのかを調べて行きたいと思う。
    Ⅱ,本論
    まず、虐待にはさまざまなパターンが存在する。大きく分けて4つパターンがある。
    ①身体虐待
    子供に怪我を負わせたり、生命が危うくなるような事をして体に苦痛を与える事。
    ②性的虐待
     性的ないたずらや性行為をする事。
    ③ネグレクロ
     子供に適切な衣食住の世話をしないなど、子供をほったらかしにしておく事。例えば、ご飯を長い間食べさせない、衣服を変えない、病気になっても医者に見せない、危険な場所に置き去りにする、どこか狭い空間に閉じ込めるなどだ。
    ④心理的虐待
     心理的いじめの事で、子供を..

    コメント2件

    yoshinori 購入
    best
    2006/08/15 19:07 (10年4ヶ月前)

    yukitomo 購入
    参考になりました
    2006/09/21 15:00 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。