情報教育の現状調査2008年 第5章

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数153
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この資料は、情報教育の現状(2008)をインターネットを用いて調査した結果です。
    全部で第9章で構成されており、これはその第5章となります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域社会で求められている情報基礎能力のニーズ調査
    この章では、授業を設計する上で一番重要であるといえる「ニーズ調査」を行った。調査方法は2通りあり、一般に出版されている“情報基礎”に分類される図書について、どのような内容が多く出回っているのかということと、ニーズ調査は様々な方が今までに研究・発表されているので、それらのデータをまとめるという方法である。
    以下5.1では一般図書を用いたニーズ調査を、5・2では過去論文からの引用によるニーズ調査について述べる。
    5.1 一般図書を用いたニーズ調査
    5.1.1 調査方法
     調査した本の数は157冊。第2章であげたとおり、インターネットを用いてgoogleにより「情報基礎 本」で検索。ヒットした本の目次をデータベースとしてEXCELに取り込み単語のヒット件数を調査した。
     インターネットを用いて検索した理由として、現在最も情報基礎として認知され広く読まれている本をデータベースとするためである。資料3に詳細な一般図書のリストをあげる。
     一般図書を用いたニーズ調査では、第3章大学カリキュラムの現状調査や第4章高等学校カリキュラムの現状調査とは異..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。