機械工学特論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数788
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.はじめに
     このレポートでは、授業で学んだ金属を種類別に、
    (1)種類
    (2)物理的性質
    (3)機械的性質
    の3項目についてまとめ、それぞれの用途について考えてみたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    機械工学特論Ⅲ
    機械工学特別演習
    レポート
    提出日:  年  月  日
    1.はじめに
     このレポートでは、授業で学んだ金属を種類別に、
    (1)種類
    (2)物理的性質
    (3)機械的性質
    の3項目についてまとめ、それぞれの用途について考えてみたいと思う。
    2.鉄鋼材料
    (1)鉄鋼材料の種類
     
    (2)鉄鋼材料の物理的性質
    純鉄の値
    沸点
    [K] 融点
    [K] 比重[Mg/M3] 線膨張係数[10-6K-1] 熱膨張係数[10-6K-1] 熱伝導率[W/m・K] 電気抵抗[10-8m](20℃) 3160 1809 7.87 12.1 11.7 61.4 9.7 表から読み取れる特長
    ●比重が高い
    ●融点が高い
     (3)鉄鋼材料の機械的性質
    鉄鋼(S35C)の値
    縦弾性係数 [GPa] 降伏応力
    [MPa] 引張強度
    [MPa] 伸び
    [%] 衝撃値
    [J/M2] 206 392以上 568以上 22以上 980以上 表から読み取れる特長
      ●縦弾性係数が高い
      ●引張強度が高い
      ●伸びが少ない
    私達の生活の中で、一番多く使用されている金属。パイプいす・ねじ・くぎ・コンロ・ドアノブ・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。