外国人の人権享有主体性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,911
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     様々な価値観が錯綜する現代社会のなかで、人間が「共生」するための法秩序を構想するのに、「人権」が大きく関わるということが最も顕著にあらわれるのは「外国人の人権享有主体性」をいかに解するかという点であろう。
     外国人とは日本に在住する日本国籍を有しない者であるが、異質な価値観、世界観をもつ個人としては典型的な例である。
     外国人の「人権」が日本社会の中で憲法上どの程度認められるかということを考えることで、「人権」が有する意味と役割を明確にすることができると考える。
     以降では、人権の観念とその内容を整理した上で、具体的に上記の問題を検討していく。
    1、人権の観念とその内容
    1−A、日本国憲法において基本的人権は「人間の尊厳」性に由来する自然権として保障されており、その特徴として人権の固有性・不可侵性・普遍性が挙げられる(憲法11条・91条参照)。
     人権は人間であることによって当然に有する権利であり、原則として公権力によって侵されず、人種や性や身分などの区別に関係なく、すべて享有できる権利であるということができる。
    1−B、次に人権を分類すると、自由権・参政権・社会権ということになる。
     自由権とは個人の自由な意思決定と活動に対する国家権力による介入を排除する人権である。また、参政権とは国民の国政に参加する権利である。そして社会権とは社会的、経済的弱者が国家に積極的な配慮を求めることができる権利である。
     以上のことが主に人権において重要な概念である。これらを基に、「外国人の人権享有主体性」における問題点を見ていく。
    2、外国人の「人権享有主体性」
    2−A、最も根本的な問題は外国人に人権の保障が及ぶかということである。憲法第3章の表題が「国民の」となっていることから問題となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     様々な価値観が錯綜する現代社会のなかで、人間が「共生」するための法秩序を構想するのに、「人権」が大きく関わるということが最も顕著にあらわれるのは「外国人の人権享有主体性」をいかに解するかという点であろう。
     外国人とは日本に在住する日本国籍を有しない者であるが、異質な価値観、世界観をもつ個人としては典型的な例である。
    外国人の「人権」が日本社会の中で憲法上どの程度認められるかということを考えることで、「人権」が有する意味と役割を明確にすることができると考える。
    以降では、人権の観念とその内容を整理した上で、具体的に上記の問題を検討していく。
    1、人権の観念とその内容
    1-A、日本国憲法において基本的人権は「人間の尊厳」性に由来する自然権として保障されており、その特徴として人権の固有性・不可侵性・普遍性が挙げられる(憲法11条・91条参照)。
     人権は人間であることによって当然に有する権利であり、原則として公権力によって侵されず、人種や性や身分などの区別に関係なく、すべて享有できる権利であるということができる。
     1-B、次に人権を分類すると、自由権・参政権・社会権ということになる。
    ..

    コメント4件

    dejavu 購入
    わかりやすかったです
    2006/01/26 18:16 (10年10ヶ月前)

    masahiro7151 購入
    私も外国人の人権享有主体性についてレポートを書きました。ですが理解不足で×で、どうしていいかわからずここにたどりつきました。
    ぜひ、参考にさせていただきます。
    2006/04/09 23:25 (10年8ヶ月前)

    f06077nk 購入
    とてもよくまとまっていて分かりやすい。
    2006/11/08 10:28 (10年1ヶ月前)

    nagaoca 購入
    非常に参考になりました。ありがとうございます。
    2006/12/11 9:47 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。