科学技術の発達とその抱える問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数699
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    技術革命の発達は、18世紀後半にイギリスで起こった産業革命から始まった。産業革命でもっとも目覚しい発達を遂げたのは繊維部門で、これはイギリスの木綿製品のライバルであったインド産のキャラコに打ち勝つためであったのと、ヨーロッパの需要のみならず市場がグローバルに拡大したためであった。ライバルへの危機感、そして市場の拡大によって生産性を向上させるために、マニュファクチャーから機械制大工業の段階へと進化したのである。
     19世紀になると多くの国々が工業化を推進し、あらゆる産業部門に機械化が浸透してきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    技術革命の発達は、18世紀後半にイギリスで起こった産業革命から始まった。産業革命でもっとも目覚しい発達を遂げたのは繊維部門で、これはイギリスの木綿製品のライバルであったインド産のキャラコに打ち勝つためであったのと、ヨーロッパの需要のみならず市場がグローバルに拡大したためであった。ライバルへの危機感、そして市場の拡大によって生産性を向上させるために、マニュファクチャーから機械制大工業の段階へと進化したのである。
     19世紀になると多くの国々が工業化を推進し、あらゆる産業部門に機械化が浸透してきた。ワットの蒸気機関、モールスによる電信技術、ダイムラーのガソリン機関、印刷機、計算機、エックス線など、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。