環境ホルモン問題の概要とその怖さについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数497
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)」とは化学物質の事で、これは生物の体内に取り込まれると、あたかもホルモンのように作用し、本来のホルモンバランスを崩すことからつくられた用語である。現在確認されているだけで70種類以上の化学物質にその性質が確認されている。
    ホルモンは生物の発生・成長・性別などコントロールし、かつ、信じられないような低レベルで作用する超強力な物質である。20世紀初頭、分泌学というホルモンについての学問研究が始まり、生殖や成長をコントロールする特質を持つ女性ホルモン「エストロゲン」は特に科学者たちの興味を引いた物質であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境ホルモン問題の概要とその怖さについて
    「環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)」とは化学物質の事で、これは生物の体内に取り込まれると、あたかもホルモンのように作用し、本来のホルモンバランスを崩すことからつくられた用語である。現在確認されているだけで70種類以上の化学物質にその性質が確認されている。
    ホルモンは生物の発生・成長・性別などコントロールし、かつ、信じられないような低レベルで作用する超強力な物質である。20世紀初頭、分泌学というホルモンについての学問研究が始まり、生殖や成長をコントロールする特質を持つ女性ホルモン「エストロゲン」は特に科学者たちの興味を引いた物質であった。そして1938..

    コメント2件

    ookamiyuu 購入
    わかりやすく纏められていたが、多少文章量が少ない気もした。
    2006/06/19 7:08 (10年6ヶ月前)

    osa 購入
    よくまとまっていると思いますが、最後のシメにもう一ひねり欲しかったです。
    2007/04/25 14:00 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。