建築構造計画レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,566
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)建築概要
    名称 せんだいメディアテーク
    設計 伊東豊雄設計事務所
    構造 佐々木睦朗構造計画研究所
    敷地面積   3,948,72?
    建築面積   2,933,12?
    延床面積  21,682,15?
    階数 地下1階〜8階:鉄骨造 
    地下2階:鉄筋コンクリート
    工期  1997年12月〜2000年8月
    このせんだいメディアテークは、地区図書館、市民ギャラリー、映像センターと視聴覚障害者の情報センターという4つの異なる企画の混合体である。
     1階は、カフェとショップ、閉じることも可能な多目的イベントスペースであるオープンスクエアがある。2階は全館のアクセスインフォメーションがあり、来館者のガイダンスに応じるブラウジングロビーがある。3階と付属する4階は一般図書のライブラリーがある。5,6階は天井高の異なるギャラリーが占める。扱いやすい単位に区分された5階と、まったく可動壁のみで構成される6階に差別化されている。7階はスタジオという名称で、映像と企画、創造部門が集約されている。地下1階はパーキング、地下2階は主機械と閉架書庫などがある。
    (2)構造計画
     この建物は、建築を規定するプレート(鉄骨フラットスラブ)とそれを支えるチューブ(鉄骨独立シャフト)で構成された、鉄骨造によるドミノシステムを提案したものとなっている。チューブ(鉄骨独立シャフト)は、極限まで透明で繊細にするために微細な鉄骨部材で構成された分散的な立体構造とする。大小あわせて計13本の独立シャフトは、細径厚肉鋼管を用いてチューブ状の立体構造を構成することによって、床を支えると同時に耐震構造体でもある主体構造を形成している。これらの4本の主要チューブは各階とも偏心による捩じれの生じにくいように平面にバランスよく四隅に配置している。後の9本の小径チューブは水平力に対してほとんど寄与せず、主として鉛直加重を支持する支柱として平面的に適切に配置している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    建築構造計画レポート
    (1)建築概要
    名称 せんだいメディアテーク 設計 伊東豊雄設計事務所 構造 佐々木睦朗構造計画研究所 敷地面積   3,948,72㎡ 建築面積   2,933,12㎡ 延床面積  21,682,15㎡ 階数 地下1階~8階:鉄骨造 
    地下2階:鉄筋コンクリート 工期  1997年12月~2000年8月 このせんだいメディアテークは
    地区図書館、市民ギャラリー、映
    像センターと視聴覚障害者の情報
    センターという4つの異なる企画
    の混合体である。
    1階は、カフェとショップ、閉
    じることも可能な多目的イベント
    スペースであるオープンスクエア
    がある。2階は全館のアクセスイ
    ..

    コメント1件

    d10690417 購入
    内容が少し薄いと思う。
    2006/04/23 18:29 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。