『野ブタをプロデュース』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数277
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    さて、ドラマの方を見て私はよく感動した。見る人にもよるかもしれないが、そこには兄弟愛や友情、家族愛が描かれ、主人公がいじめられているにもかかわらず、あたたかかった。
    しかし小説を読んで驚いた。「〜だ(笑)」など、小説に「(笑)」の文字を見たのは初めてかもしれない。しかも同年代の人が書いた本である。文化といわれればそれまでだが、現代を象徴しているようでとても寂しい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『野ブタをプロデュース』を読んで
    TVドラマの視聴率も良く、音楽も爆発的に売れたという。私はどちらかというとドラマより小説が好きなので小説も読んでみた。TVドラマとは設定が違うし、ラストも違う。これから小説を読もうとしている人はこのレポートを読まないほうがいいかもしれない。
    さて、ドラマの方を見て私はよく感動した。見る人にもよるかもしれないが、そこには兄弟愛や友情、家族愛が描かれ、主人公がいじめられているにもかかわらず、あたたかかった。
    しかし小説を読んで驚いた。「~だ(笑)」など、小説に「(笑)」の文字を見たのは初めてかもしれない。しかも同年代の人が書いた本である。文化といわれればそれまでだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。