司書教諭

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数430
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     学校図書館は調べ学習などで利用できる。例えば豊臣秀吉について調べるとき、児童は学校図書館で様々なメディアを用いて調べる。授業終了後にもその時代にあったことやその時代の服装についてなど、児童がさらに発展させて学習したいと考えるように、司書教諭はそのようなコーナーを設けたり、授業中に助言したりする。関連図書リストを用いると児童が情報をスムーズに得ることができるのでリストも作成する。
     授業時間以外でも学校の百周年記念などで郷土資料や学校資料を必要とする場合があり、このとき学校図書館が利用される。児童の文集や体験記を保存することにより後輩が参照できるよう、司書教諭はその資料を保管し、閲覧しやすいように工夫する必要がある。また、図書委員の活動、読書クラブなどの活動を通して児童が自発的、自治的な精神を育む場でもある。他の委員会やクラブ活動でも資料閲覧、情報・資料の検索、発表をするなどいろいろな活動が考えられるので司書教諭は教職員や必要に応じて父母や地域住民の協力を得て支援のための体制づくりをする必要がある。
     授業を行う前に資料を提供すれば教職員はよりよい授業を行うことができる。また調べ学習では他教科と関わりを持つことで、授業が児童にとって取りかかりやすくなるため、教職員との連携が必要になる。もし自分の学校に図書や資料がない場合、公共図書館などから借りることにより、児童の学習や教職員の授業を支援できる。他にも視聴覚資料を視聴するための機器や教材作成のための文具類を準備し、それを利用するスペースを確保することにより教師を支援する。
     授業中は児童の学んでいきたいという姿勢を尊重し、生徒が主体的に学習できるように補助的に支援する。授業内容以外でも目次や索引について教えたり、パソコンの操作の仕方を教えたりする。児童が図書館を利用しやすいようにディスプレイを整えることも必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校での学校図書館の利用と支援について述べる。
    学校図書館は調べ学習などで利用できる。例えば豊臣秀吉について調べるとき、児童は学校図書館で様々なメディアを用いて調べる。授業終了後にもその時代にあったことやその時代の服装についてなど、児童がさらに発展させて学習したいと考えるように、司書教諭はそのようなコーナーを設けたり、授業中に助言したりする。関連図書リストを用いると児童が情報をスムーズに得ることができるのでリストも作成する。
    授業時間以外でも学校の百周年記念などで郷土資料や学校資料を必要とする場合があり、このとき学校図書館が利用される。児童の文集や体験記を保存することにより後輩が参照できるよ..

    コメント3件

    kbmk36 購入
    正直なところ、少々物足りなさを感じた。もう少し突っ込みをいれることも可能では?
    2006/07/24 17:33 (10年4ヶ月前)

    itsuki371 購入
    とても参考になりました。
    2007/06/14 9:33 (9年6ヶ月前)

    nakanozomi 購入
    大変参考になりました。
    2007/09/03 12:09 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。