ASEANの問題点―ミャンマーの議長国辞退―

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数426
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東南アジア研究A 前期レポート
      「ASEANの問題点―ミャンマーの議長国辞退―」 
                           
    1.はじめに
     本講義で最初の時間に扱ったのは、「ASEANにとって現在問題となっている2つのこと」であった。一つ目は、昨年12月26日に起きたスマトラ沖地震である。2004年も終わろうかという頃、ショッキングな映像と共にこの災害のニュースが伝えられた。半年経った今でも、現地の災害状況を伝え、一刻も早い支援を訴えかける内容のCMが放送されている。二つ目は、このレポートでも取り上げる、ミャンマー問題である。このレポートでは、7月27日の朝日新聞での、ミャンマーが議長国を辞退したという記事から、ASEANの抱える問題点を見ていきたいと思う。
    2.ミャンマー問題
    ミャンマー問題とは、ASEANの加盟国であるミャンマーの軍事政権と、民主化運動の関係から起こっているものといえる。そして、今回取り上げた記事では、ASEANの議長国をミャンマーが辞退したということが報道されている。ASEANは加盟している10カ国のアルファベット順に議長国を任される。ブルネイ→カンボ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。