期末決算直前の災害の発生による業績予想修正時の監査上の対応2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数205
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    期末決算直前の災害の発生により、クライアント先より被災情報・業績予想の修正可能性が伝えられた場合の監査上留意すべき事項を、日本公認会計士協会の会長通帳等をもとに、論じたレポートです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    期末決算直前の災害の発生により、クライアント先より被災情報・業績予想の修正可
    能性が伝えられました。当該状況で、監査上留意すべき事項についてあなたの考えを述べなさい。
    序章  大規模地震災害に関する会計処理及び監査対応の基本的な考え方
     平成23年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震とそれに伴い発生した津波、及びその後の余震により引き起こされた大規模地震災害は、日本企業に多い3月決算の期末日直前に発生し、かつ、極めて甚大な被害をもたらした。そのため、監査人にとってもクライアント先が被災しそれに伴う業績予想の修正がなされたケースも多かったと想像され、特に災害損失等を計上する会計処理に際しての事実確認や金額の合理的な見積りにおいては時間的制約等もあり多くの困難を伴ったと想定される。
    このような状況下での会計処理及び監査上の対応については、会長通帳平成23年第1号「東北地方太平洋沖地震による災害に関する監査対応」にて公表されており、以下において、期末日に近い時期に大規模地震災害が発生した場合の一般的な対応を述べていく。
    監査の目的は、企業が作成した財務諸表がすべての重要な点において適正に表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。