社会環境報告書の種類、概要及び課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    いわゆる社会環境報告書には、①政府への報告と情報公開義務、②独立の環境報告書やサステナビリティ報告書の作成、③既存の開示制度への環境情報の組み込みがあります。それぞれの概要と、報告書の問題点(課題)を整理したレポートです。社会環境会計の講義のレポートであり、「優」の成績をとりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会環境報告書の種類、概要及び課題について
     企業の社会環境報告の制度は①政府への報告と情報公開、②独立の環境報告書やサステナビリティ報告書の作成、③既存の開示制度への環境情報の組み込みがある。以下、それぞれの概要と課題を解説していく。
    (1)政府への報告と情報公開
    この制度の例に1999年に成立2000年施行された「特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律」がある。同法によれば、第一種指定化学物質とされた354物質について、年間一トン以上取り扱う事業所は、その環境中への排出量と廃棄物としての移動量を、毎年、都道府県を経由して国に届け出なければならない。集計された情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。