経営管理におけるPDCAサイクルの意義の考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数260
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学のころの管理会計論のレポートです。アップロードにあたり、図表の追加と参考文献に記載を追加しましたが、内容は変わっていません。経営管理におけるPDCAサイクルの意義の考察したレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営管理におけるPDCAサイクルの意義の考察(管理会計論)
     企業の存在目的は、ここでは企業は事業活動を通じて利益を獲得しそれを出資者に分配することに第一義的にはあり、企業は出資者のものという観点からその獲得利益を最大化することが目的であると仮定する。
    利益を極大化するためには、単に会社の目的・事業内容を定款で定めておくだけでは、今日のような複雑で変化の激しい現代社会においては、利益を極大化させるためのツールとしては役不足と言わざるを得ない。そこで経営者は利潤の極大化を達成するために経営方針・経営戦略を定める。経営方針とは、企業の経営理念や長期目的(成長や市場占拠率等の長期目的)であり、経営戦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。