ライフスキルの構成要素および測定尺度に関するレビューおよび課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,320
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ライフスキルの構成要素および測定尺度に関するレビューおよび課題
    1. ライフスキルとは(ライフスキルの定義)
    WHO(1997)はライフスキルを「日常生活で生じる様々な問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義している。Botvin(1979)は、「複雑で困難な課題に満ちた社会のなかで成功し、直面する多くの問題を効果的に取り扱うのに必要とされる一般的な個人および社会的スキル」と定義している。Danishら(1995)は「人々が現在の生活を自ら管理・統括し、将来のライフイベントをうまく乗り切るために必要な能力」と定義している。
    2. ライフスキルの構成要素および測定尺度
    ライフスキルは日常生活における心理的、社会的な問題に対処するためのスキルを意味しており、多くの具体的なスキルによって構成されている。WHO(1997)はライフスキルの構成要素として、意志決定、問題解決、創造的思考、批判的思考、効果的コミュニケーション、対人関係スキル、自己意識、今日完成、情動への対処、ストレスへの対処の10個の要素を挙げている。
    Goldsteinら(1980)は、青年に必要な社会的スキルとして50のスキルを挙げている。50のスキルは初歩的スキル、高度のスキル、情報処理のスキル、攻撃に代わるスキル、ストレスを処理するスキル、計画のスキルの6つのカテゴリーに分類している。菊池(1998)はGoldsteinの6つのカテゴリーに基づき、18項目からなるKiSS-18(Kikuchi’s Social Skill尺度)という社会的スキル尺度を作成した。さらに、菊池ら(1994)は、Goldsteinらのリストに項目を追加して、100のスキルを挙げている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライフスキルの構成要素および測定尺度に関するレビューおよび課題
    1. ライフスキルとは(ライフスキルの定義)
    WHO(1997)はライフスキルを「日常生活で生じる様々な問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義している。Botvin(1979)は、「複雑で困難な課題に満ちた社会のなかで成功し、直面する多くの問題を効果的に取り扱うのに必要とされる一般的な個人および社会的スキル」と定義している。Danishら(1995)は「人々が現在の生活を自ら管理・統括し、将来のライフイベントをうまく乗り切るために必要な能力」と定義している。
    2. ライフスキルの構成要素および測定尺度
    ライフスキルは日常生活における心理的、社会的な問題に対処するためのスキルを意味しており、多くの具体的なスキルによって構成されている。WHO(1997)はライフスキルの構成要素として、意志決定、問題解決、創造的思考、批判的思考、効果的コミュニケーション、対人関係スキル、自己意識、今日完成、情動への対処、ストレスへの対処の10個の要素を挙げている。
    Goldsteinら(1980)は、青年に必要な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。