「月経前症候群(PMS)について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数403
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     まったく持って苦手あり、恥ずかしながらにテストでは平均点すら取ったことのない私は、まさか大学生になってしかも社会学部で身体の構造や機能などという名前を聞く限りではまさに理科という講義を受けるとは思っても見なかったのだったが、授業を受けてゆくうちにただ単に人体に関して科学的に暗記してゆくことを望まれているのではなくそこからの私たちの現実における身近な問題に着眼点をおいている授業なのだと勝手ながらに理解した。すると私は俄然やる気が出てきたため、なんとなく私にとってほかよりも難しそうなこのテーマにチャレンジしてみようと思った。
     今回私は先に言うとすると「月経前症候群」について述べることにした。月経は女性にしかない特性だからこの場で書いてよいものか悩んだがせっかくやるならばやはり身近なものがよい。実は私はかねてから産婦人科に通院している。原因は生理痛である。これはまさに個人差が顕著に現れるために同じ女であってもわかる人にしかわからない。ある日私は担当医にこういわれた。「君は軽く月経前症候群です」と。
     私は時々嘘みたいに精神不安定になる。理由もなく泣いたり、すべての事が許せなくなり何もかもいやになったりする。誰にも会いたくなくて何もしたくないからただ家でだらだらしている。ただただなんだか無性に小腹が空いてたくさん食べ続ける。もちろん肌もぼろぼろになりなんだか自分がとても惨めになってくる。自分は精神病なんじゃないかと不安になったころになぜか決まって眩暈がするほどお腹が痛くなる。するとそれから生理がくる。日記を読みかえしてみるとこれが私の毎月の習慣だということがわかる。しかし、まさか多くの女性が自分と同じ悩みを抱えているとは知らなかった。月経前症候群について調べてみようと思った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
     身体構造機能論  月経前症候群(PSM)について
    まったく持って苦手あり、恥ずかしながらにテストでは平均点すら取ったことのない私は、まさか大学生になってしかも社会学部で身体の構造や機能などという名前を聞く限りではまさに理科という講義を受けるとは思っても見なかったのだったが、授業を受けてゆくうちにただ単に人体に関して科学的に暗記してゆくことを望まれているのではなくそこからの私たちの現実における身近な問題に着眼点をおいている授業なのだと勝手ながらに理解した。すると私は俄然やる気が出てきたため、なんとなく私にとってほかよりも難しそうなこのテーマにチャレンジしてみようと思った。
     今回私は先に言うとすると「月経前症候群」について述べることにした。月経は女性にしかない特性だからこの場で書いてよいものか悩んだがせっかくやるならばやはり身近なものがよい。実は私はかねてから産婦人科に通院している。原因は生理痛である。これはまさに個人差が顕著に現れるために同じ女であってもわかる人にしかわからない。ある日私は担当医にこういわれた。「君は軽く月経前症候群です」と。
     私は時々嘘みたいに精神不安定になる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。