ボランティアと行政の関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数397
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    行政とボランティアには、どちらにも補えない欠点が存在する。しかし、これらは相互に補完的役割を担っており、どちらが欠けても豊かな福祉社会を築くことはできない。今後は、両者の結びつきをさらに高め、社会福祉へ寄与していくことが期待される

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ボランティア活動とは、個人の自発性に基づいた自由な活動である。その活動は、公序良俗に反しない限り、基本的に何をしてもよいということになっている。もちろん活動に伴う責任や負担は、自分自身が背負うことになる。
     ボランティア活動は、自発的で社会的な広がりをもった取り組みすべてを指す。個人の発意によって自由に始められるその活動は、機動性に優れ、創造性や開拓性の高い活動といえる。そのため、即応性のある柔軟なサービスが作りやすく、ボランティアの活動が多くの社会制度の元になっていることも事実である。
     しかし、ボランティア活動には、その活動が特定の対象に対しての活動である限り、行政のような公平性は望めな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。