Gloria Steinemが行った活動に対する印象

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数543
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    作家、フェミニスト(女性の地位向上を目指す活動家)、改革者と様々な顔をもつグロリア・スタイネムは、1960年代後半、女性解放運動のリーダーとして頭角を現した。
     大学卒業後、ジャーナリストになったスタイネムは、1963年にニューヨークのプレイボーイ・クラブで働いた経験を生かし、暴露記事を書いた。この記事によって彼女は注目を受け、ほどなくして数多くの全国的な雑誌の記事や、テレビ番組のためのコメディーを書き始めた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈要約〉
     作家、フェミニスト(女性の地位向上を目指す活動家)、改革者と様々な顔をもつグロリア・スタイネムは、1960年代後半、女性解放運動のリーダーとして頭角を現した。
     大学卒業後、ジャーナリストになったスタイネムは、1963年にニューヨークのプレイボーイ・クラブで働いた経験を生かし、暴露記事を書いた。この記事によって彼女は注目を受け、ほどなくして数多くの全国的な雑誌の記事や、テレビ番組のためのコメディーを書き始めた。
     1968年、社会評論家としての仕事を始めたスタイネムは、「ブラック・パワーの後は、女性解放」というエッセイを書き、初めて明白にフェミニストの立場を打ち出した。1971年に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。