ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,007
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学NPOボランティアNGO

    代表キーワード

    NGONPO福祉学

    資料紹介

    〈ボランティア活動の自発性について〉
     「ボランティア」とは現代社会で起こっているさまざまな問題や課題に対し、個人の自由な意志によって、金銭や名誉の対価を求めず、社会的貢献を行い、連帯を生み出そうとする人々を指す言葉である。定義としては、自発性、主体性、社会性、無償性といった特質をもった人々とされることが多い。ボランティアの語源には、「自由意志」という意味が含まれており、日本の類似語である「奉仕」では表現しきれない部分がある。ボランティアとは、「個の自立と他者との連帯をもとに、新しい社会の創造に、自ら進んで参加する人」であり、その前提には個の自発性がある。ボランティア活動は人間が人間らしく生きようとするときに求める行為の一つであり、結果として自己実現に役立っている。
     イギリス革命の混乱状態にあったイギリスで、自分たちの村や町を自分たち自身で守るため、自ら進んで自警団に参加する人たちをボランティアと呼ぶようになった。これが「ボランティア」という言葉の起源であるという。その後、18世紀後半から19世紀にかけて、独立運動に参加する義勇兵がボランティアと呼ばれ、言葉が広がった。
     19世紀後半には、貧困問題の解決に自発的かつ組織的に取り組む人々が増えてきた。イギリスで産業革命が発達していた頃、貧困問題が社会問題となっていた。しかし、国家による救貧はなされず、COS運動やセツルメント運動など、民間で自発的に救貧活動に取り組む人々が現れた。これが、現在使われているような意味でのボランティアの発生である。その後は、自由であり自発的な活動としてアメリカやヨーロッパで幅広く行われ、世界中にボランティアの言葉と思想が定着していくこととなる。
     ボランティア活動とは、他人から強制されて動くものではなく、自らの信ずる社会正義のもと、自由で自発的な意志に基づいて行動するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。」
    〈ボランティア活動の自発性について〉
     「ボランティア」とは現代社会で起こっているさまざまな問題や課題に対し、個人の自由な意志によって、金銭や名誉の対価を求めず、社会的貢献を行い、連帯を生み出そうとする人々を指す言葉である。定義としては、自発性、主体性、社会性、無償性といった特質をもった人々とされることが多い。ボランティアの語源には、「自由意志」という意味が含まれており、日本の類似語である「奉仕」では表現しきれない部分がある。ボランティアとは、「個の自立と他者との連帯をもとに、新しい社会の創造に、自ら進んで参加する人」であり、その前提には個の自発性がある。ボランティア活動は人間が人間らしく生きようとするときに求める行為の一つであり、結果として自己実現に役立っている。
     イギリス革命の混乱状態にあったイギリスで、自分たちの村や町を自分たち自身で守るため、自ら進んで自警団に参加する人たちをボランティアと呼ぶようになった。これが「ボランティア」という言葉の起源であるという。その後、18世紀後半から19世紀..

    コメント3件

    ozaozadex 購入
    good
    2006/05/10 21:53 (10年7ヶ月前)

    kazuhiro1109 購入
    良い
    2006/07/10 2:00 (10年5ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/05/06 4:42 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。