大衆教育社会のゆくえ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数686
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     まず、高学歴、高偏差値とはなんだろうか。いわゆる偏差値エリートと呼ばれる人たちは解答が一つしかない問題を解くのは得意だが、いくつもあるような複雑な問題は不得手としている。それは幼い頃から、誰かによって問題を与えられ、巻末の解答集によって自分の答えが正解かどうかを認識するような思考パターンをうえつけられてきたからである。結果、自分で新しい課題を見つけられないという現象を引き起こしているのだ。このことからも分かるように学力は実力ではないのだ。世の中の九割のものがそのような思考パターンに当てはまることなく様々な答えを持っているのに対して、学校などの現在の日本の教育機関が行っていることは、九割がひとつの答えしか持たない問題しか教えない教育である。偏差値や学歴に支配された社会を悪として批判する風潮が強まっている今、はたして日本社会を偏差値信仰から解き放ち、神話を終わらせることができるのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず、高学歴、高偏差値とはなんだろうか。いわゆる偏差値エリートと呼ばれる人たちは解答が一つしかない問題を解くのは得意だが、いくつもあるような複雑な問題は不得手としている。それは幼い頃から、誰かによって問題を与えられ、巻末の解答集によって自分の答えが正解かどうかを認識するような思考パターンをうえつけられてきたからである。結果、自分で新しい課題を見つけられないという現象を引き起こしているのだ。このことからも分かるように学力は実力ではないのだ。世の中の九割のものがそのような思考パターンに当てはまることなく様々な答えを持っているのに対して、学校などの現在の日本の教育機関が行っていることは、九割がひとつ..

    コメント1件

    t05E2230 非購入
    微妙でした。
    2009/01/21 18:10 (7年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。