現代の教育改革を教師はどう見るか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数508
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代の教育改革についてインタビューしてみたところ、学校週五日制実施に伴う学力低下をいかに克服するか、という問題が今最も現場で重要視されているようである。学校での学習時間が削られる分、その部分を補うための家庭学習が今まで以上に重要となってきた。よって、この家庭学習の習慣化をいかに定着させるかが教師の目下の目標であるという。しかし、ここで問題となるのが家庭学習の見えにくさである。教師がそれぞれの家庭を一つずつ見回りに行くというわけにもいかず、結局は家庭学習の確認は生徒の自己申告に任せなければならない。正確な生徒の学習時間が分からないだけでなく、実際に生徒と対峙していないため学習に対する意欲や姿勢などが伝わってこない、などというようなことで頭を悩ませているという。このような問題の解決は難しく、よって新学習指導要領に伴う生徒の実践力をどう養っていくか、という方向からの解決を目指す授業づくりを行っているらしい。実践力というキーワードを念頭に、広く、行動として表現していくための力を付けさせることが必要となってくる。デイベート等の活用が現在行われており、その成果も十分出てきているようである。
     このように、学校週五日制の限られた時間の中で、いかに個に応じた指導を徹底するかが今後重要となってくる。その生徒の学力や進路希望に合わせた個別課題や個別指導、習熟度別指導などのように、今まで以上に教師の工夫と教材研究が必要となるのである。
     様々な教育改革が実施されている現在、これからの子どもたちはそのような変化を柔軟に受け入れ、適応していける。逆に、今回の教育改革のような変化について行けていないのは生徒ではなく、大人である教師の方であるという。教師が従来の制度にとらわれすぎていて今の制度にうまく対応できていないため、すでに対応してしまっている生徒との間に違和感が生じ、また、そのため適切な指導が受けられない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の教育改革を教師はどう見るか
     
    現代の教育改革についてインタビューしてみたところ、学校週五日制実施に伴う学力低下をいかに克服するか、という問題が今最も現場で重要視されているようである。学校での学習時間が削られる分、その部分を補うための家庭学習が今まで以上に重要となってきた。よって、この家庭学習の習慣化をいかに定着させるかが教師の目下の目標であるという。しかし、ここで問題となるのが家庭学習の見えにくさである。教師がそれぞれの家庭を一つずつ見回りに行くというわけにもいかず、結局は家庭学習の確認は生徒の自己申告に任せなければならない。正確な生徒の学習時間が分からないだけでなく、実際に生徒と対峙していないため学習に対する意欲や姿勢などが伝わってこない、などというようなことで頭を悩ませているという。このような問題の解決は難しく、よって新学習指導要領に伴う生徒の実践力をどう養っていくか、という方向からの解決を目指す授業づくりを行っているらしい。実践力というキーワードを念頭に、広く、行動として表現していくための力を付けさせることが必要となってくる。デイベート等の活用が現在行われており、その成果..

    コメント1件

    tomokoonei 購入
    よかった
    2006/10/09 19:29 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。