日本的経営とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,275
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     日本的経営とは、日本固有の社会風土、経済環境の下で、日本人の長所を活かすために工夫され、効率的な経営成果をあげるためにつくられた日本独自の経営メカニズムである。
    そして日本的経営の特徴としては終身雇用制度、年功序列制度、企業別労働組合制度、集団的意思決定制度の4つの独自の制度のことを指す。
     まず終身雇用制度とは、正式に従業員として採用された場合、極度の経営的困難や従業員の致命的トラブルがない限り、定年まで雇用されるという暗黙の制約である。この制度は企業内での熟練形成・技術蓄積を可能とし、従業員に蓄積への努力を促すという効果を得ることができる。
     次に、年功序列制度とは、年齢に応じて賃金や地位が上昇していくという人事慣行であり、終身雇用制が機能することで成立する慣行である。この制度の目的は賃金や地位の序列の逆転をできるだけ避けることであるとともに、年功制を維持することにより勤労意欲を高め、仕事の効率の維持と職場の人間関係の調和とを両立させることである。
     次に、企業別労働組合制度とは、職種に関係なく企業を単位として、ひとつの組合で労働者が組織された労働組合のことを言う。日本の労働組合は、会社との労働交渉の主体となり、上部労働団体から直接的には交渉上の関与を受けないのが通例である。こうした構造をもつ理由は、終身雇用制度による企業内従業員の長期的な仲間意識や忠誠心の形成が作用しているからである。
     そして、集団的意思決定制度とは、集団的かつ全員一致の決定方式を採り、決定原案が下から上がり、組織上の各段階の部門の管理者が決裁するボトムアップの意思決定が主流となっている。この制度は複数決定がなされることで客観性が保たれ、さらに全会一致のけっていほうしきの採用により実行段階での妨害を回避できる利点を持つ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本的経営とは、日本固有の社会風土、経済環境の下で、日本人の長所を活かすために工夫され、効率的な経営成果をあげるためにつくられた日本独自の経営メカニズムである。
    そして日本的経営の特徴としては終身雇用制度、年功序列制度、企業別労働組合制度、集団的意思決定制度の4つの独自の制度のことを指す。
    まず終身雇用制度とは、正式に従業員として採用された場合、極度の経営的困難や従業員の致命的トラブルがない限り、定年まで雇用されるという暗黙の制約である。この制度は企業内での熟練形成・技術蓄積を可能とし、従業員に蓄積への努力を促すという効果を得ることができる。
    次に、年功序列制度とは、年齢に応じて賃金や地位が上昇していくという人事慣行であり、終身雇用制が機能することで成立する慣行である。この制度の目的は賃金や地位の序列の逆転をできるだけ避けることであるとともに、年功制を維持することにより勤労意欲を高め、仕事の効率の維持と職場の人間関係の調和とを両立させることである。
    次に、企業別労働組合制度とは、職種に関係なく企業を単位として、ひとつの組合で労働者が組織された労働組合のことを言う。日本の労働組合は、会社..

    コメント2件

    yamashow 購入
    まぁまぁ
    2006/06/16 20:39 (10年5ヶ月前)

    kamatani 購入
    分が短いです
    2006/06/30 15:00 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。