律令国家と民衆支配

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数611
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     律令律令国家における土地に対する国家管理の実相、民衆掌握の様相、地域社会と国家の関係、この3つの視点から7〜9世紀の諸政策を分析し、律令国家支配の理念とその構造変化を追及してみる。
     天智天皇から天武天皇の治世にかけて、単に強者としての天皇家から、国家を秩序立てその天皇支配を恒久的なものとする制度作りが目論まれる。
     中国「唐」の政治体制に習った古代社会の一つの到着点、それが律令国家である。律(刑法)と令(現在でいう六法)を基本法典とした法治国家なのだが、それを支えるものは「班田収受の制度」、つまり民衆からの税の搾取=支配であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    律令国家と民衆支配
    律令律令国家における土地に対する国家管理の実相、民衆掌握の様相、地域社会と国家の関係、この3つの視点から7~9世紀の諸政策を分析し、律令国家支配の理念とその構造変化を追及してみる。
    天智天皇から天武天皇の治世にかけて、単に強者としての天皇家から、国家を秩序立てその天皇支配を恒久的なものとする制度作りが目論まれる。
    中国「唐」の政治体制に習った古代社会の一つの到着点、それが律令国家である。律(刑法)と令(現在でいう六法)を基本法典とした法治国家なのだが、それを支えるものは「班田収受の制度」、つまり民衆からの税の搾取=支配であった。
    土地は元々天皇の領有であるが、人民(良民)の..

    コメント1件

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/06/13 23:37 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。