年功序列賃金と成果主義賃金/男女雇用機会均等法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数858
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    年功序列賃金制度と成果主義・女性の社会進出
    テーマ:AはM商事会社の人事課長である。入社して15年経過した。Aの入社以来の同期社員であるBは営業課の係長である。AもBも結婚していて、夫々二人の子供がいる。AとBとは入社以来、仲がよく、家族ぐるみの付き合いをしている。また、営業課ではかつて営業社員は男子社員が中心であったが、現在では女子社員も営業社員として採用している。Cは入社2年目の女子社員であり、営業課に所属する独身の営業社員である。
     昨年一年間の営業成績を見てみるとBは目標5000万円の売り上げに対して3000万円しか到達できなかった。それに対してCは目標3000万円に対して3500万円の売り上げを達成した。
     Aは人事課長として、昨年度の実績を基に、本年度のBとCの年俸を査定しなければならない。もし、年功序列型ならば、Bは現在の年俸600万円を維持できる。それに対して、Cは年俸360万円である。しかし、成果主義で査定するならば、Bの年俸は450万円になり、Cは480万円となり、年の若いC年俸がBを上回る。もしあなたがA人事課長の立場ならば、年功型賃金制度をとるか、あるいは成果主..

    コメント1件

    hattotorikku 購入
    いいと思う
    2007/01/26 22:47 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。