ネット王子とケータイ姫の社説!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数387
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    主題文(120字)
    親や教師は、ネットやケータイを『悪』と決め付けるのではなく、ネットやケータイのどのような部分が『悪』なのかをはっきり見極め、子供に対して的確なアドバイスができるようにメディア・リテラシーを向上させることに取り組むべきである
    ?序論(484字)
    今回私が論評する本は、「ネット王子とケータイ姫 悲劇を防ぐための知恵 」である。
    この本の著者の香山氏は精神科医で、森氏はジャーナリストであるが、それぞれの特色を活用しながら、子どもたちにとってのケータイやネットの存在がどのようなものなのかを考察している。またネットやケータイの悪影響によって、子どもを被害者にも加害者にもさせないために、大人には何ができるかを述べている。
    私は現在中学2年生の男の子の友達がいる。彼の父はIT関連の企業に勤めており、家族には一人一台パソコンが与えられていた。何年か前まで、彼はネットを自由に利用することができていた。しかし近年、凶悪犯罪の低年齢化の傾向にあることがネットやケータイの原因であると考えた両親は、息子に悪影響を与えないようにフィルタリングソフトによってアダルトサイトや出会い系サイトなどの子供に悪影響与えるサイトを規制した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    主題文(120字)
    親や教師は、ネットやケータイを『悪』と決め付けるのではなく、ネットやケータイのどのような部分が『悪』なのかをはっきり見極め、子供に対して的確なアドバイスができるようにメディア・リテラシーを向上させることに取り組むべきである
    ①序論(484字)
     今回私が論評する本は、「ネット王子とケータイ姫 悲劇を防ぐための知恵 」である。
     この本の著者の香山氏は精神科医で、森氏はジャーナリストであるが、それぞれの特色を活用しながら、子どもたちにとってのケータイやネットの存在がどのようなものなのかを考察している。またネットやケータイの悪影響によって、子どもを被害者にも加害者にもさせないために、大人には何ができるかを述べている。
     私は現在中学2年生の男の子の友達がいる。彼の父はIT関連の企業に勤めており、家族には一人一台パソコンが与えられていた。何年か前まで、彼はネットを自由に利用することができていた。しかし近年、凶悪犯罪の低年齢化の傾向にあることがネットやケータイの原因であると考えた両親は、息子に悪影響を与えないようにフィルタリングソフトによってアダルトサイトや出会い系サイトな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。