比較スポーツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数930
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    各国のサッカーの歴史と中身について比較したいと思います。
    サッカー発祥の地イギリス。人口の約8割はサッカーファンである。『土曜日はサッカーの日』と考える人が多い。
    12世紀頃、ダービィシャーのアシュボーンにて、キリスト教で言う「告解火曜日」に行われたボール・ゲームがはじまり。15世紀には、国王がサッカーを禁止した時があり、その理由は国王がアーチェリーが好きだったとか、サッカーに伴う暴力沙汰やアルコール消費の問題が原因だったとか、いろいろ説がある。しかしこうした時でも人々のサッカー好きは変わらなかった。1930年からはじまったワールドカップに初めて参加したのは1950年の第4回ブラジル大会。ワールドカップで唯一優勝したのが1966年地元開催の第8回大会。1970年代後半から1980年代前半にかけては、イギリスサッカー界の全盛期で、ヨーロッパ大会でリバプールが4回、ノッティンガム・フォレストが2回、アストン・ビラが1回優勝をしている。その後はさえない時期が続いたが、最近ではマンチェスター・ユナイテッドが1999年に優勝して息を吹き返した。
    イングランドサッカーの歴史はフーリガンの歴史ともいえる。フーリガンとは、飲酒などをして、集団で暴力沙汰や過激な行為をして暴れまわる人々のことで、その行為は1960年代までさかのぼる。もともとは、ブルーカラーの労働者がゲームのやり直しを求めたものだった。ヨーロッパ諸国で、似たような行動が見られるようになったのは10年も後のことである。2002年のワールドカップでもイギリスから来るフーリガンに対して厳戒態勢をとっていた。
    イギリスにはたくさんの有名サッカー選手がいる。世界各国の有名選手が在籍をしている中で、スペインのサッカーリーグとも並ぶほどのサッカーリーグだ。
    1994年にワールドカップがアメリカで開催。その2年後の96年にプロリーグのメジャーリーグサッカー(MLS)が開幕。徐々にサッカーが市民権を得ようとしている段階。
    実は意外にアメリカのサッカーの歴史は古い。イングランド各地で土着のフットボールがプレーされている同時期にイギリスの植民地であったアメリカ各地でもフットボールが様様なルールで行われていた。19世紀初頭から主に大学で現在のサッカーとラグビーを合わせたフットボールが盛んにプレーされていた。サッカー協会ができたのも早い時期だし、アメリカ最古のサッカークラブ、オネイダフットボールクラブも1862年に誕生しているがサッカーのルールが制定されたのと同じ頃。オネイダクラブはイングランド以外で設立された初めてのサッカークラブのようだ。プロリーグ誕生もイングランドの次に古い。1894年にプロ野球のオーナーによって野球のオフシーズンを埋めるイベントとして、プロサッカーリーグが始まった。20世紀初めにはASLというプロリーグが東海岸を中心に行われて試合によっては1万人以上の観客を集めた。1960年代から84年まで北米サッカーリーグ(NASL)というプロリーグがあってペレ、クライフ、ベッケンバウアーらがプレーしたことも有名である。そして、来シーズンからはスパースターと言われているベッカムがプレーすることが決まっている。アメリカの選手の年棒がだいたい7000万に対し、ベッカムの年棒が60億とかなりの差がある。
    次に日本サッカー。サッカーが日本にやってきたのは1873年、イギリス海軍軍人のアーチフォード・ダグラス少佐と、その33人の部下たちによって紹介されたとされている。東京築地にあった海軍兵学寮の教官だった彼らは、航海術や海軍

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    各国のサッカーの歴史と中身について比較したいと思います。
    サッカー発祥の地イギリス。人口の約8割はサッカーファンである。『土曜日はサッカーの日』と考える人が多い。
    12世紀頃、ダービィシャーのアシュボーンにて、キリスト教で言う「告解火曜日」に行われたボール・ゲームがはじまり。15世紀には、国王がサッカーを禁止した時があり、その理由は国王がアーチェリーが好きだったとか、サッカーに伴う暴力沙汰やアルコール消費の問題が原因だったとか、いろいろ説がある。しかしこうした時でも人々のサッカー好きは変わらなかった。1930年からはじまったワールドカップに初めて参加したのは1950年の第4回ブラジル大会。ワールドカップで唯一優勝したのが1966年地元開催の第8回大会。1970年代後半から1980年代前半にかけては、イギリスサッカー界の全盛期で、ヨーロッパ大会でリバプールが4回、ノッティンガム・フォレストが2回、アストン・ビラが1回優勝をしている。その後はさえない時期が続いたが、最近ではマンチェスター・ユナイテッドが1999年に優勝して息を吹き返した。
    イングランドサッカーの歴史はフーリガンの歴史ともい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。