オーバーユースの怪我について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数546
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    オーバーユースの怪我について
     自分は今、オーバーユースの怪我でシンスプリントを痛めています。その事から、今回オーバーユースの怪我について調べました。
    まずオーバーユースの怪我とは、スポーツの怪我には大きく分けて急激に起きた怪我と、使いすぎによって起きる怪我と2種類あります。この使いすぎによっておこる怪我を使いすぎ症候群またはオーバーユースの怪我と呼ばれている。
    次に、原因について。この怪我は小さなストレスの繰り返しが原因で起こるほかに、いろいろな原因が基で起こります。例えば、練習の内容が急激に増えたり、試合のスケジュールが過密であったり、準備運動や整理運動がきちんとされていない、靴などを変えたあとにしばらくしてサイズや形が本人に合っていない、運動場の表面が硬すぎる(やわらかすぎる)、急に体重がオーバーしたなどといったことが原因になり痛みが起こることもあります。何度も同じ小さな負荷が原因で痛みや腫れなどの不快感や怪我が完全に完治していなかったり、それにともない筋力不足や柔軟性不足している場合や、古傷の痛みもこのオーバーユースの原因で引き起こされる。
    このオーバーユースの怪我の主な症状と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。