精神保健学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数528
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ☆国際障害分類から国際生活機能分類への改正の際に新たに導入された新たな概念☆
    障害者の健康な側面に注目し、その健全な部分を育て維持するという「エンパワメント」の理論をふまえ、「機能障害」に対して「心身機能・身体構造」、「能力障害」に対して「活動」、「社会的不利」に対して「参加」といった、従来の否定的側面に対し肯定的側面を表す概念が導入された。障害の発生には個人の心身の特徴といった因子のみならず、環境の影響が大きいとの認識をふまえて、環境因子の分類もつけ加えられた。

    ☆終末期の定義☆
    現代医療において可能な集学的治療の効果が期待できず、積極的治療がむしろ不適切と考えられる状態で、生命予後が6ヶ月以内と考えられる段階

    ☆末期患者の症状☆
    症状は、大別すると身体症状と精神症状に分けられる。
    身体症状は、大別すると痛みとその他の身体症状に分けられる。痛みをコントロールできなければ、他にどんな有効な対策がとられても生命の質を高めることはできない。
    痛み以外の身体症状には、全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、便秘、下痢、呼吸困難、不眠、血尿、排尿困難、かゆみなどが出現する。
    精神症状では、不安、うつ状態に陥ることによる悲哀感、社会的関心の欠如、決断力の低下があげられる。さらに治療拒否、拒食、無断外出、自殺企画などといった行動が認められる。ほかにもせん妄・幻覚・意識障害などの精神症状が現れる。

    ☆末期患者へ告知を行う上での留意点☆
    ・ 患者と医療者、家族との間に信頼関係が確立していること
    ・ 告知はゆっくりと時間をかけて行うこと
    ・ 告知後、継続したケアを提供していく保証を与えること

    ☆生物・心理・社会モデルとはどのような考え方か☆
    社会的環境における変化により、心理的なストレスとなり生物的に脆弱性を抱えている脳の機能障害が引き起こされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健学
    ☆国際障害分類から国際生活機能分類への改正の際に新たに導入された新たな概念☆
    障害者の健康な側面に注目し、その健全な部分を育て維持するという「エンパワメント」の理論をふまえ、「機能障害」に対して「心身機能・身体構造」、「能力障害」に対して「活動」、「社会的不利」に対して「参加」といった、従来の否定的側面に対し肯定的側面を表す概念が導入された。障害の発生には個人の心身の特徴といった因子のみならず、環境の影響が大きいとの認識をふまえて、環境因子の分類もつけ加えられた。
    ☆終末期の定義☆
    現代医療において可能な集学的治療の効果が期待できず、積極的治療がむしろ不適切と考えられる状態で、生命予後が6ヶ月以内と考えられる段階
    ☆末期患者の症状☆
    症状は、大別すると身体症状と精神症状に分けられる。
    身体症状は、大別すると痛みとその他の身体症状に分けられる。痛みをコントロールできなければ、他にどんな有効な対策がとられても生命の質を高めることはできない。
    痛み以外の身体症状には、全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、便秘、下痢、呼吸困難、不眠、血尿、排尿困難、かゆみなどが出現する。
    精神症状では、不安..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。