低周波電圧増幅回路の設計・製作

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,363
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学電子電気実験

    代表キーワード

    理工学

    資料紹介

    ・概要
    今回の実験は低周波電圧増幅回路の設計・製作を行い、その特性を測定することにより、動作原理を理解するための実験を行った。
    まず回路の製作を行ったが、回路設計は既にしてあり、順序に従い各抵抗値・コンデンサ容量を計算して提示された回路図に沿って組み込んでいった。算出された値は、実際の素子の値にはないものなので、近似したときの近い値の抵抗、コンデンサを使用した。
    回路の製作を終え、次にその回路が計算にて予測される電圧に近いかどうかを測定した。これは計算の間違いによって誤った定数で回路を組み立てると、再計算や半田付けの再作業が必要となるため、実装する素子の値が正しいかどうかを検証するためである。
    最後に帰還時の周波数特性と回路を負帰還に結線したとき利得が周波数によってどう変化するかの特性の比較を行った。
    今回の実験より、この回路の総合利得はRL1、RL2,RE1,RE2によってのみ算出するこ
    とができ、容易に任意の倍率の増幅を得られることがわかった。そして回路の基本となる低周波電圧増幅回路の設計方法、回路の検証を行う方法を理解することが出来た。
    ・実験目的
    簡単な低周波電圧増幅回路の設計・製作をおこない、実際にその特性を測定することにより、動作原理と設計・製作の基本を理解する。
    ・回路設計・製作
    今回設計・製作する回路は、上図に示すような「帰還バイアス形エミッタ接地二段増幅回路」でオーディオ用のプリアンプなどによく用いられる。
    (増幅率、最適動作点、各抵抗値、カットオフ周波数の算出方法に関して実験書に記載)
    ・実験方法
    製作した回路について実験し特性測定を行う。
    (1)動作点の測定
    入力端子と回路のアースを接続して増幅回路に信号が入らないようにして、直流電源装置から12Vを加えたときに、計算結果の検証で求めた ?〜?のポイントの電圧を実際にテスターで測定し、大きな誤差がないかを確認する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気工学実験
    テーマ 低周波電圧増幅回路の設計・製作
    実験者 :
    共同実験者 :
    実験日 :10月14日
    提出期限 :11月04日
    提出日 :11月04日
    概要
    今回の実験は低周波電圧増幅回路の設計・製作を行い、その特性を測定することにより、動作原理を理解するための実験を行った。
    まず回路の製作を行ったが、回路設計は既にしてあり、順序に従い各抵抗値・コンデンサ容量を計算して提示された回路図に沿って組み込んでいった。算出された値は、実際の素子の値にはないものなので、近似したときの近い値の抵抗、コンデンサを使用した。
    回路の製作を終え、次にその回路が計算にて予測される電圧に近いかどうかを測定した。これは計算の間違いによって誤った定数で回路を組み立てると、再計算や半田付けの再作業が必要となるため、実装する素子の値が正しいかどうかを検証するためである。
    最後に帰還時の周波数特性と回路を負帰還に結線したとき利得が周波数によってどう変化するかの特性の比較を行った。
    今回の実験より、この回路の総合利得はRL1、RL2,RE1,RE2によってのみ算出するこ
    とができ、容易に任意の倍率の増幅を得られるこ..

    コメント1件

    mas400h 購入
    goo
    2006/11/21 0:51 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。