コンピュータを用いたデータ処理の数値実験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数449
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学電気電子実験

    代表キーワード

    理工学

    資料紹介

    ・概要
    この実験ではポケットコンピュータを用い、スプライン補間法と最小二乗法の二種類の補間法で処理するという実験を行った。この二種類の補間法は以下のような特徴がある。
    ・スプライン補間法は与えられた座標を通るなめらかな曲線を描くことによって、他の補間しようとする方法。
    ・最小二乗法は全ての点を通過するのではなく、その近くを通る、利用者に都合のよい関数を作り出す方法。一次の場合はy=ax+bの直線に補間し、二次の場合はy=ax^2+bx+cの放物線に補間する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気実験報告書
    コンピュータを用いた
    データ処理の数値実験
    実験日 10/7
    提出日 10/14
     
    ・概要
    この実験ではポケットコンピュータを用い、スプライン補間法と最小二乗法の二種類の補間法で処理するという実験を行った。
    この二種類の補間法は以下のような特徴がある。
    スプライン補間法は与えられた座標を通るなめらかな曲線を描くことによって、他の補間しようとする方法。
    最小二乗法は全ての点を通過するのではなく、その近くを通る、利用者に都合のよい関数を作り出す方法。一次の場合はy=ax+bの直線に補間し、二次の場合はy=ax^2+bx+cの放物線に補間する。(※ 実験や観測データのように、補間点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。