ベクトル軌跡について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,754
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ・概要
    今回はRC直列回路でのベクトル軌跡を測定結果からと計算結果で比較する実験を行った。
    ・実験方法
    ? の計算式を用いてR=10kΩ、C=0.1μFに対し、
    =5°、10°、15°、20°、…、85°となる周波数を計算により求める。
    ?回路をつくり、?で求めた各周波数における素子電圧 を測定する。
    ・目的
    ベクトル軌跡の用法と回路の特性を習得する。
    結果
    ?
    ?の両辺を二乗すると、   ・・・?
    ?をωについて解くと、   ・・・?
    ?を?に代入すると  となり、中心 で半径が の円だということがわかる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気実験報告書
    ベクトル軌跡について
    実験日 6/26
    提出日 6/27
     
    概要
    今回はRC直列回路でのベクトル軌跡を測定結果からと計算結果で比較する実験を行った。
    実験方法
    ①  の計算式を用いて
    R=10kΩ、C=0.1μFに対し、
    =5°、10°、15°、20°、…、85°となる
    周波数を計算により求める。
    回路をつくり、①で求めた各周波数における素子電圧 を測定する。
    目的
    ベクトル軌跡の用法と回路の特性を習得する。
    結果

     
    ②の両辺を二乗すると、   ・・・③
    ①をωについて解くと、        ・・・④
    ④を③に代入すると
     となり、
    中心 で半径が の円だということが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。