教育考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数404
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     『教育とは、人間が、できる限り自己の人間としての使命を達成するという目的において、身体的・知的能力、ならびに社会的・審美的・道徳的情操を発達させる行為であり、また、この行為の結果も指す。』オリヴィエ・ルーブルはこのように残している。が、教育とは何か?という問いに対して明確な定義を示すことはおよそ不可能であろう。なぜならその定義内容はあまりに広義で、到底その意義を把握することは事実上無理であると思われるからである。人は人間として生まれてから死ぬまでの間常に「教育」の場と隣り合わせになっている。というのも教育は大まかに3つの場があり、「家庭」「学校」「社会」である。これらについて以下叙述する。
    ・ 家庭教育
     家庭教育として行われる教育は主に「しつけ」である。「しつけ」というのは漢字で「躾」と書くが、文字通り「身を美しくする」と言う意味だけではない。また、日常生活における行動様式や生活習慣の型を子供に身につけさせるという、今日に通じる意味に限られるものでもない。仕事に関する知識や技能と共に、1人前の社会人に相応しい職業人となるために必要な態度を会得させることを意味している。しかも、一人前の社会人は地域社会に受け入れられるものでなければならない。したがって、子供の「しつけ」には家庭と共に地域社会が大きな役割を担っているとも言える。今日では「しつけ」は家庭が一方的に責任を持たされているように思える。学校や社会から、親のしつけに対するバッシングもあり、親は「しつけ」に懸命にならざるを得ない。また、家庭教育の中でとりわけ大切であるのが幼児期の教育である。なぜなら、それは、子供の人格形成・基本的生活習慣・平和教育・人とのふれあいなどこれからの社会的性格を持つ人間としての性質に大きく影響を与えるため、「幼児期が生涯にわたる人間形成の基礎を培う時期であること」などと言われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育考察
     『教育とは、人間が、できる限り自己の人間としての使命を達成するという目的において、身体的・知的能力、ならびに社会的・審美的・道徳的情操を発達させる行為であり、また、この行為の結果も指す。』オリヴィエ・ルーブルはこのように残している。が、教育とは何か?という問いに対して明確な定義を示すことはおよそ不可能であろう。なぜならその定義内容はあまりに広義で、到底その意義を把握することは事実上無理であると思われるからである。人は人間として生まれてから死ぬまでの間常に「教育」の場と隣り合わせになっている。というのも教育は大まかに3つの場があり、「家庭」「学校」「社会」である。これらについて以下叙述する。
    家庭教育
    家庭教育として行われる教育は主に「しつけ」である。「しつけ」というのは漢字で「躾」と書くが、文字通り「身を美しくする」と言う意味だけではない。また、日常生活における行動様式や生活習慣の型を子供に身につけさせるという、今日に通じる意味に限られるものでもない。仕事に関する知識や技能と共に、1人前の社会人に相応しい職業人となるために必要な態度を会得させることを意味している。しかも、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。