スポーツを含めた生活環境の理想的なあり方とその実現策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数695
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     スポーツ離れが叫ばれて久しい昨今、生活習慣病などスポーツ不足により引き起こされる病気なども増えている。特に日本はスポーツに対する関心が低くなっており、スポーツをサポートする体制も他の先進諸国に劣っている。では、スポーツをどのように生活環境に取り入れていけばよいのか、ライフステージごとにわけて、私なりの意見を述べたいと思う。
     まずは、本格的にスポーツに接する小学校の教育について述べたい。日本の小学校は体育の授業といえば全員画一的に同じ種目を、一緒に行うように決められている。しかしこれでは、個人のレベルも異なる上に、6年間という限られた期間の中で、接することのできる種目数が非常に限られてしまう。これは、自分の可能性や適正を発見する上で、かなりマイナスな点ではなかろうか。よって、解決策としてはヨーロッパ諸国様に体育は選択科目制にすべきである。
     次に中・高校時代について見ていく。この時期はすでに問題になっているように、日本のスポーツが学校部活に依存しているがゆえに一貫教育がなされずに生徒の能力向上に支障をきたしているのが現状である。よってこの時期はやはり学外のスポーツクラブに所属して、安定した、かつ選手生命として将来を見据えた一貫教育を受けるべきである。また、学校の体育の時間についていえば、日本が総大学生時代に突入した影響もあり、高校は体育の時間を自習の時間に変えるなど、進学のために体育を軽視する風潮がある。しかし、運動能力の向上は同時に脳の活動も活性化させるので、高校生の有り余るエネルギーを体育で昇華させることも重要であることを、教育の立場にあるものは自覚して、今よりももっと、体育の時間を重視すべきである。
     3つ目に、社会人にとってのスポーツのあり方につい述べる。現代の社会人のうち、定期的にスポーツをしている人はかなり少ないことは、周知の事実である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スポーツを含めた生活環境の理想的なあり方とその実現策
    スポーツ離れが叫ばれて久しい昨今、生活習慣病などスポーツ不足により引き起こされる病気なども増えている。特に日本はスポーツに対する関心が低くなっており、スポーツをサポートする体制も他の先進諸国に劣っている。では、スポーツをどのように生活環境に取り入れていけばよいのか、ライフステージごとにわけて、私なりの意見を述べたいと思う。
    まずは、本格的にスポーツに接する小学校の教育について述べたい。日本の小学校は体育の授業といえば全員画一的に同じ種目を、一緒に行うように決められている。しかしこれでは、個人のレベルも異なる上に、6年間という限られた期間の中..

    コメント2件

    shinestone 購入
    よかったです
    2006/11/18 17:01 (10年前)

    seiko344344 購入
    参考になります。
    2007/06/11 0:25 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。