情報監査 「SaaSについて」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    SaaS(Software as a Service)とは、ソフトウェアをユーザー側に導入するのではなく、プロバイダ側で稼働し、ユーザーが必要とする機能だけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態である。
    ここでは、SaaSの先駆者的存在である「セールスフォース・ドットコム」を例に、そのビジネスモデルおよび監査との関係を述べる。

    1. ビジネスモデル
    SaaSはASP(Application Service Provider)と同様、アプリケーションを含むシステムをユーザー側が所有せず、その機能だけをネット経由で提供する「オンデマンドサービス」という点ではコンセプトは同じである。
     しかしSaaSは、ソフトウェアの機能をネット経由で提供するだけのASPとは、サービスの提供方法や機能が大きく異なる。例えば、サーバーを複数のユーザーで共有する「マルチテナント型サービス」であることや、ユーザーがWebアプリケーションを自在にカスタマイズできたり、Webサービスを使ったシステム間連携機能が備えられていたりするなどの特徴がある。そのためSaaSは、ASPをさらに進化させたオンデマンドサービスだと捉えることができる。
    これらのSaaSの技術やサービスモデルは、セールスフォース・ドットコムが確立し、広めたものなのである。

    2. 監査対応
    近年SaaSが注目されている理由の1つに、SOX法などのコンプライアンスに対応するという目的がある。SOX法に対応するためには、高い信頼性や厳しいセキュリティの確保など、新たなシステムの整備が求められる。セールスフォース・ドットコムのようなきちんとした企業が提供するSaaSならば、システムは安全なデータセンターにて運用され、セキュリティレベルも一般の企業に比べて非常に高い基準をクリアするまでに強化されているだけでなく、十分なバックアップや詳細なログを残すこともできる。このようなことから、SaaSはSOX法に対応したシステムだといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     SaaS(Software as a Service)とは、ソフトウェアをユーザー側に導入するのではなく、プロバイダ側で稼働し、ユーザーが必要とする機能だけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態である。
    ここでは、SaaSの先駆者的存在である「セールスフォース・ドットコム」を例に、そのビジネスモデルおよび監査との関係を述べる。
    1. ビジネスモデル
    SaaSはASP(Application Service Provider)と同様、アプリケーションを含むシステムをユーザー側が所有せず、その機能だけをネット経由で提供する「オンデマンドサービス」という点ではコンセプトは同じである。
     しかしSaaSは、ソフトウェアの機能をネット経由で提供するだけのASPとは、サービスの提供方法や機能が大きく異なる。例えば、サーバーを複数のユーザーで共有する「マルチテナント型サービス」であることや、ユーザーがWebアプリケーションを自在にカスタマイズできたり、Webサービスを使ったシステム間連携機能が備えられていたりするなどの特徴がある。そのためSaaSは、ASPをさらに進化させ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。