企業情報システム 「情報革命について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,724
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 情報革命とは何か
    1.1. 情報革命の意味
       情報革命とは、広義には「人類の歴史における情報の加工と蓄積に関する革命的な状況」であると定義付けることができる。
    1.2. 情報革命の歴史
       情報革命には、第1次から第5次までの歴史がある。
       第1次情報革命(生命が誕生した頃)では、ヒトが言語能力を手に入れたことによって、互いにコミュニケーションできるようになった。
    第2次情報革命(紀元前4000年~紀元前1500年頃)では、文字の発明によって、情報を紙に記録して空間的・時間的に移動したり、情報を分類・体系化したりすることができるようになった。
       第3次情報革命(1450年~1500年頃)では、活版印刷の発明によって、情報の大量伝達ができるようになった。
       第4次情報革命(1830年~1960年頃)では、電気通信の開発によって、電話、ラジオ・テレビ等での情報の遠隔伝達ができるようになった。
       第5次情報革命(1950年代以降~現在)では、コンピュータが出現し、インターネットが急速に普及したことによって、情報の大量・遠隔・即時伝達ができるようになった。

    2. その社会的影響はどのようなものか
    情報革命が起きたことによって、情報化社会が到来した。ここで言う「情報化」とは、一般的には「コンピュータ化」と同義であり、「情報を物質、エネルギーに次ぐ第三の要素として認識し、その生成、加工、伝達、蓄積、利用を意識的に行おうとする活動の総体」であると定義付けることができる。
    情報化社会に対して、現在二つの見方がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 情報革命とは何か
    1.1. 情報革命の意味
       情報革命とは、広義には「人類の歴史における情報の加工と蓄積に関する革命的な状況」であると定義付けることができる。
    情報革命の歴史
       情報革命には、第1次から第5次までの歴史がある。
       第1次情報革命(生命が誕生した頃)では、ヒトが言語能力を手に入れたことによって、互いにコミュニケーションできるようになった。
    第2次情報革命(紀元前4000年~紀元前1500年頃)では、文字の発明によって、情報を紙に記録して空間的・時間的に移動したり、情報を分類・体系化したりすることができるようになった。
       第3次情報革命(1450年~1500年頃)では、活版印刷の発明によって、情報の大量伝達ができるようになった。
       第4次情報革命(1830年~1960年頃)では、電気通信の開発によって、電話、ラジオ・テレビ等での情報の遠隔伝達ができるようになった。
       第5次情報革命(1950年代以降~現在)では、コンピュータが出現し、インターネットが急速に普及したことによって、情報の大量・遠隔・即時伝達ができるようになった。
    その社会的影響はど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。