企業と情報システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数503
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    問題 企業や機関で使われている(または将来使われそうな)情報システムについて説明しなさい。
    解答
    ○個人情報システム
     個人情報システムとは、あらゆる個人情報、履歴などをICカードに記憶させ、その個人情報を引用し、製品・サービスの販売に活用できるシステムである。
     ICカードには、カード内に記憶する情報に、追加や変更があった場合でも、ほとんど変更無しで対応できることや、ICカード内は全て暗号化されており、OSやパスワードによりカード内のアクセスを制限されているので、万が一紛失や盗難にあっても安全である、などのメリットがある。
     ICカードを使えば、顧客の個人情報は顧客自身で身に付け、管理することで、低コストで情報漏洩やオンライン盗聴・改ざんを防止できるため、リスクを最小限に抑えたシステムを構築できる。 
    ・通信販売での活用例
      化粧品メーカーの場合、ICカード内に、肌情報(水分、油分、弾力性、体質など)を記憶させ、顧客の肌情報から最適な商品を瞬時に画面表示する。また、過去の購入履歴や肌情報から、最適な商品を奨めることが可能になる。 
     アンダーウェアメーカの場合、ICカード内に、体型情報(バスト、ウエスト、ヒップ、ボトムサイズなど)、または、好み(暖かい、柔らかい、ゆったり、ぴったりなど)をインプットしておき、顧客の情報から最適な商品を瞬時に画面表示する。
    ・英会話スクールでの活用例
      ICカード内に、レッスン状況・レベル・達成度などを記憶させ、傾向と対策をアドバイスすることができる。また、回数券をICカード内に記憶させることで、全国どこでも受講することが可能になる。
    ・医療分野での活用例
    ICカード内に個人情報(身長・体重・血液型など)や服薬情報、アレルギー情報、通院履歴、病歴などを記憶させ、診療に役立てる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業と情報システム
    問題 企業や機関で使われている(または将来使われそうな)情報システムについて説明しなさい。
    解答
    ○個人情報システム
     個人情報システムとは、あらゆる個人情報、履歴などをICカードに記憶させ、その個人情報を引用し、製品・サービスの販売に活用できるシステムである。
     ICカードには、カード内に記憶する情報に、追加や変更があった場合でも、ほとんど変更無しで対応できることや、ICカード内は全て暗号化されており、OSやパスワードによりカード内のアクセスを制限されているので、万が一紛失や盗難にあっても安全である、などのメリットがある。
     ICカードを使えば、顧客の個人情報は顧客自身で身に付け、管理することで、低コストで情報漏洩やオンライン盗聴・改ざんを防止できるため、リスクを最小限に抑えたシステムを構築できる。 
    ・通信販売での活用例
    化粧品メーカーの場合、ICカード内に、肌情報(水分、油分、弾力性、体質など)を記憶させ、顧客の肌情報から最適な商品を瞬時に画面表示する。また、過去の購入履歴や肌情報から、最適な商品を奨めることが可能になる。
    アンダーウェアメーカの場合、I..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。