情報システムとシステムエンジニア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数384
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・プログラマ…プログラミングを行い、ソフトウェアを開発する。具体的には、システムエンジニアの仕様書に基づいて、コンピュータのプログラムを作成し、コンピュータに仕事をさせるための命令文の流れ(フローチャート)を作り、命令文をコンピュータ言語に翻訳する。そして、コンピュータが命令通りに稼働しているかどうかのチェックを繰り返す。
    ひたすらコンピュータと向かい合い、期限までにプログラムを完成させる「忍耐力」や「問題の自己解決能力」が求められる。 
    ・システムエンジニア…ユーザーのニーズを的確に把握したうえで、コンピュータにどんな仕事をさせるかを考え、そのための情報システムの設計・開発・運営を行う。また、プログラマを束ねてソフトウェアの開発プロジェクトを指揮したり、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせてシステム全体を構築したりする業務も担う。
    「高度な技術力」と「豊富な業務知識」の他に、「顧客のニーズを的確に掴み分析する能力」、提案力・交渉力などの、顧客やプロジェクトメンバー同士との「コミュニケーション能力」も求められる。
    ・システムアナリスト…情報化の視点から事業戦略を立て、具体的な情報化の構想や業務改善案を提案し、システム化計画を進める。具体的には、コンピュータを企業に導入する際、各業界、各企業のニーズ、特性に照らし合わせ、どんなシステムが最適かを事前に調査・分析し、導入計画を立てる。また、導入されたシステムが最適か、セキュリティは万全か、などを監視する。
    「専門分野の知識・技術」に加え、提案内容が経営効率におよぶので、「財務関係の知識」はもちろん、「企画提案力」や「交渉力」も求められる。
    ・システム監査技術者…情報システムが効率よく機能しているかどうか評価を行う。具体的には、業内の独立部門に所属して、各部門で運用されているシステムの効率や安全性などを総合的に評価し、問題点について適切な改善を行なう技術者を認定する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報システムとシステムエンジニア
    問題 以下の情報化に携わる職業の役割や、求められる資質を説明しなさい。
    解答
    プログラマ…プログラミングを行い、ソフトウェアを開発する。具体的には、システムエンジニアの仕様書に基づいて、コンピュータのプログラムを作成し、コンピュータに仕事をさせるための命令文の流れ(フローチャート)を作り、命令文をコンピュータ言語に翻訳する。そして、コンピュータが命令通りに稼働しているかどうかのチェックを繰り返す。
    ひたすらコンピュータと向かい合い、期限までにプログラムを完成させる「忍耐力」や「問題の自己解決能力」が求められる。 
    システムエンジニア…ユーザーのニーズを的確に把握したうえで、コンピュータにどんな仕事をさせるかを考え、そのための情報システムの設計・開発・運営を行う。また、プログラマを束ねてソフトウェアの開発プロジェクトを指揮したり、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせてシステム全体を構築したりする業務も担う。
    「高度な技術力」と「豊富な業務知識」の他に、「顧客のニーズを的確に掴み分析する能力」、提案力・交渉力などの、顧客やプロジェクトメンバー同士との「コ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。