読書行動を盛んにするために考えられる図書館や学校の工夫

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,567
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート図書館学校司書読書

    代表キーワード

    図書館読書司書

    資料紹介

    1 図書館の活動
     図書館ができる活動には、図書館で本の面白さを知ってもらうことや、図書館の外に出掛けていき、本に興味を持ってもらうことなどが考えられる。
    1-1
     図書館で本の面白さを知ってもらう活動には、「読み聞かせ」が考えられる。読み聞かせは、図書館の職員や地域のボランティアグループが子どもたちの年齢に合わせて選んだ絵本や紙芝居の読み聞かせを行う。読み聞かせを行うメリットは、幼少期に読み聞かせをしてもらった経験の多い子どもは、その後の人生において読書量が多い傾向が見られるということである。幼少期に本にまつわる楽しい経験を与えることができれば、読書を習慣づけることができるのである。
    また、まだ本を読むことのできない子どもたちのためにも、幼児期から本に親しむことを目指して、人形劇やクリスマス会、映画会など興味を惹きつけるイベントを開催し、子どもたちを図書館に誘い、楽しい読書環境を作ることが大切である。
    1-2
     図書館の外に出掛けていき、本に興味を持ってもらう活動には、「ブックトーク」が考えられる。これは、保育園や小学校へ出向いて、あるテーマに沿って、さまざまな種類の本(5〜10冊)の内容を、さし絵を見せたりその一部を読んだりして順序だてて紹介するものである。ブックトークを行うメリットは、子どもたちの読書意欲を掻き立て、読書の幅を拡げることができる、内容が良くても普段はなかなか手にとってもらえない本でも、ブックトークで採り上げることで、子どもたちに興味を持たせることができる、などがある。子どもたちの多様性を考慮し、どの子どもでも興味が持てるように本を選ぶことや、自分の言葉で本の面白さや本に対する想いを伝えることが大切である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「読書行動を盛んにするために考えられる図書館や学校の工夫」
    図書館の活動
     図書館ができる活動には、図書館で本の面白さを知ってもらうことや、図書館の外に出掛けていき、本に興味を持ってもらうことなどが考えられる。
    1-1
    図書館で本の面白さを知ってもらう活動には、「読み聞かせ」が考えられる。読み聞かせは、図書館の職員や地域のボランティアグループが子どもたちの年齢に合わせて選んだ絵本や紙芝居の読み聞かせを行う。読み聞かせを行うメリットは、幼少期に読み聞かせをしてもらった経験の多い子どもは、その後の人生において読書量が多い傾向が見られるということである。幼少期に本にまつわる楽しい経験を与えることができれば、読書を習慣づけることができるのである。
    また、まだ本を読むことのできない子どもたちのためにも、幼児期から本に親しむことを目指して、人形劇やクリスマス会、映画会など興味を惹きつけるイベントを開催し、子どもたちを図書館に誘い、楽しい読書環境を作ることが大切である。
    1-2
    図書館の外に出掛けていき、本に興味を持ってもらう活動には、「ブックトーク」が考えられる。これは、保育園や小学校へ出向いて、..

    コメント3件

    riccia 購入
    とても参考になりました
    2006/08/20 11:47 (10年4ヶ月前)

    yuzuchocolat 購入
    参考になりました。ありがとうございます。
    2006/11/05 22:21 (10年1ヶ月前)

    itsuki371 購入
    とても参考になりました。
    2007/06/14 9:33 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。