八幡浜市誌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数317
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    八幡浜市は、愛媛県西南部に位置する南予の中核都市である。宇和海に面し、四国一の規模を誇る魚市場がある。また、豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、全国有数のみかんの産地でもある。つまり、農林水産業など第一次産業が盛んな地域なのである。しかし、過疎化、高齢化、国際化、高度情報化の影響を受ける例外ではない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    八幡浜市誌
    はじめに
    八幡浜市は、愛媛県西南部に位置する南予の中核都市である。宇和海に面し、四国一の規模を誇る魚市場がある。また、豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、全国有数のみかんの産地でもある。つまり、農林水産業など第一次産業が盛んな地域なのである。しかし、過疎化、高齢化、国際化、高度情報化の影響を受ける例外ではない。その状況の中、「ふるさと市町村圏」として、豊かな社会づくり、地域の活性化を進めたり、少子高齢化に対し、今年3月、保内町との合併を行ったりなど、さまざまな対策を行っている。こういった時代に対しどう対処していくかを問題として、この八幡浜市を取り上げる。
    自然
    地形
    山地
    八幡浜にある山地は、出石山地、蔵掛山山地、大畑山山地、飯之山山地である。これらの山地は、全体的に東西系の主軸を持ち、山頂部は比較的平たんであるが、山腹や山麓はおおむね15度以上の斜面が多い。壮年期の山容を呈し、地質的・地形的諸条件により、山の形態に相違がある。
    丘陵地
     八幡浜丘陵と川名津丘陵がある。これらは、洪積台地から進化したものではなく、地質的地形的要因によって形成された丘陵のようである。つまり、主要な..

    コメント1件

    aisiteiru730 購入
    ありがとうございます☆
    2006/12/11 13:39 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。