東西ドイツの統一による経済の低迷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数423
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ドイツは、西洋に伍する近代国家作りを急いだ明治政府が、法制度や軍事制度、あるいは医学などを範とした国である。財政に関しても、日本は地方制度をプロイセンから多くを学んでいる。このように、わが国とって遠からぬ国であるドイツについて述べようと思う。
    まず、ドイツ連邦共和国、通称ドイツの統一と分裂、再統一への歴史を見ていく。ドイツは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ドイツは、西洋に伍する近代国家作りを急いだ明治政府が、法制度や軍事制度、あるいは医学などを範とした国である。財政に関しても、日本は地方制度をプロイセンから多くを学んでいる。このように、わが国とって遠からぬ国であるドイツについて述べようと思う。
    まず、ドイツ連邦共和国、通称ドイツの統一と分裂、再統一への歴史を見ていく。ドイツは、ヨーロッパ中部にある連邦制の共和国である。ドイツの起源は、5世紀~9世紀にかけて西ヨーロッパを支配したフランク王国が、843年のヴェルダン条約によって東、中、西に三分割されたうちの1つである東フランク王国が現在のドイツの原型である。その後、東フランク王国は神聖ローマ帝国と呼ばれる連合体となったのだが、中世におけるドイツには国家としての統一や民族意識はほとんどなく、各地に連邦国家が分立した歴史は現在に続く連邦主義の基盤になっている。各連邦は近隣諸国に比べ弱体で、また宗教改革では新旧両教に分かれてお互い争ったため三十年戦争ではドイツのほとんど全土が徹底的に破壊された。これによって1600万人いたドイツの人口は、戦火によって600万人に減少したといわれる。1701年、プ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。