ケータイとコミュニケーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数554
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    携帯電話によるコミュニケーション
    1.ケータイと私
    「つねに身につけているものは?」と質問をしてみたい。時計? 指輪? ブレスレット? ネックレス? しかし意外と口から出てこないのがケータイだ。単に、ポケットに入っている、バッグに入っている、首からぶら下げているといった、物理的に身につけている感覚ではなく、すでにカラダの一部となっている感覚=「0」が私たちとケータイの距離になってしまっているのだ。
    (岡田朋之・松田美佐 編『ケータイ学入門 メディア・コミュニケーションから読み解く現代社会』 2002年)
    こんな感覚は、現代においては珍しくない例であるはずだ。実際、運よく(?)筆者はこれの執筆構成中に、体験とともに実感することとなった。2,3日前にケータイを開いたところ、待ち受け画面が表示されるはずの液晶には、ただ、まっ白なものがぼんやり映っているだけだった。その時は電源を入れなおし、もと通りにはなったのだが、その2日後すっかり真っ白な画面になってしまったのだ。こうなると手打ちで電話のみの使用になる。これではメールも受送信できないし(一週間前にはパソコンも起動しなくなっていた)、電話帳は..

    コメント1件

    s05854km 購入
    参考になりました!
    2007/04/25 16:23 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。