数学科におけるコンピュータ教育に関する私見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数312
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在のコンピュータ教育といえば、主にアプリケーションソフト(ワープロ、表計算、Power Point等)を利用したレポート作成、統計処理、研究発表、あるいはインターネット上でのホームページ検索・閲覧やツールを使用したホームページ作成、Eメールやchatを利用した他校の交流などIT技術を利用して、従来の表現方法やコミュニケーションの伝達手段を変容させたものを体験しているにすぎないように思われる。つまり、情報社会の表面的な部分を学習体験することがコンピュータ教育、情報化に対する教育と認識されている傾向が感じられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在のコンピュータ教育といえば、主にアプリケーションソフト(ワープロ、表計算、Power Point等)を利用したレポート作成、統計処理、研究発表、あるいはインターネット上でのホームページ検索・閲覧やツールを使用したホームページ作成、Eメールやchatを利用した他校の交流などIT技術を利用して、従来の表現方法やコミュニケーションの伝達手段を変容させたものを体験しているにすぎないように思われる。つまり、情報社会の表面的な部分を学習体験することがコンピュータ教育、情報化に対する教育と認識されている傾向が感じられる。勿論コンピュータに触れる第一歩としては興味を促進させる簡単な作業から着手することも..

    コメント1件

    yoshino 購入
    参考になりました
    2007/01/12 8:44 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。