中国における社会と学校の関わり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数330
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     四千年以上の歴史を持つ中国は世界特に東洋では先導的な役割を果たしてきた。日本も奴国王が漢に貢物を献上し金印を授けられてから交流が始まり、遣隋使・遣唐使を送って進んで文化を取り入れた。古代における国際関係は常に中国がリードしていた。中世に至っても世界三大発明の1つ活版印刷術をあみ出し、シルクロードを通じて西洋と盛んに交易が行われ活性化している社会であった。ところが、「眠れる獅子」として恐れられていた中国がアヘン戦争、日清戦争に敗れてから列強諸国の市場争奪地と化してしまった。中華思想があだとなったという教訓から国家としての地位を維持するために強力な求心力が必要だったのか、第2次世界大戦後共産党独裁政権の誕生により社会の発展は停滞した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     四千年以上の歴史を持つ中国は世界特に東洋では先導的な役割を果たしてきた。日本も奴国王が漢に貢物を献上し金印を授けられてから交流が始まり、遣隋使・遣唐使を送って進んで文化を取り入れた。古代における国際関係は常に中国がリードしていた。中世に至っても世界三大発明の1つ活版印刷術をあみ出し、シルクロードを通じて西洋と盛んに交易が行われ活性化している社会であった。ところが、「眠れる獅子」として恐れられていた中国がアヘン戦争、日清戦争に敗れてから列強諸国の市場争奪地と化してしまった。中華思想があだとなったという教訓から国家としての地位を維持するために強力な求心力が必要だったのか、第2次世界大戦後共産党独..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。