人間の成長過程における発達課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,645
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ハヴィガーストは1930年代のアメリカ社会から要請された発達像を子供の実態と要求に合わせた課題を提唱した。普遍的な課題も挙げいているが、当時の多くの社会状況を考慮に入れたため課題に様々な側面が混在する。したがって現在に対応する課題に絞ってここでは述べる。
     乳幼児期の発達課題は人間として生きていくために欠かせない行動の学習が主である。歩行、固形食物を食べる、排泄方法、言葉を話す、文字の読み書きなどの学習の他に成熟した人格を形成するための基本的な能力を身につける時期でもある。母親の愛情から精神的安定感を得て信頼感を築く。そして、親のしっかりした躾の方針のもと乳幼児の要求を受け入れたり、我慢させたりして自己統制力をもって行動できる能力を身につける必要がある。
     児童期の発達課題は就学して学校生活を送ることから、集団生活への適応が中心となる。同年代の友人と仲間を作って仲間の活動を通して集団の規律を知り、それに従って行動できるようにする。その過程で集団における個人の立場、役割を学習する。また、対人関係を通して他者の期待や自分のために社会的秩序を維持することに努める。一方、身体や知能の発達とともに外界に対する興味が広がり探求しようとする。この探究心を育てるためにも親や教師は様々な体験をさせることが大切である。
     青少年期は社会人になるための準備段階でありそれに関する課題が中心である。まず、これまでの生活基盤であった家庭からの独立がある。この段階では経済的独立というよりも親から心理的に独立し、自分が家庭を築く時のことを考えてその心構えもすることが課題となる。対人関係においては、男女お互いの性差を認めた上での新たな人間関係を保つことが必要となる。そして自分なりの価値や倫理体系をもち、それをもとに行動して社会に対する責任を遂行できるようにならなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ハヴィガーストは1930年代のアメリカ社会から要請された発達像を子供の実態と要求に合わせた課題を提唱した。普遍的な課題も挙げいているが、当時の多くの社会状況を考慮に入れたため課題に様々な側面が混在する。したがって現在に対応する課題に絞ってここでは述べる。
     乳幼児期の発達課題は人間として生きていくために欠かせない行動の学習が主である。歩行、固形食物を食べる、排泄方法、言葉を話す、文字の読み書きなどの学習の他に成熟した人格を形成するための基本的な能力を身につける時期でもある。母親の愛情から精神的安定感を得て信頼感を築く。そして、親のしっかりした躾の方針のもと乳幼児の要求を受け入れたり、我慢させ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。