ロスト・ジェネレーションの作家

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数944
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ロスト・ジェネレーションという言葉を定着させたのは、1920年代の若いアメリカの作家たちに多大な影響を与えたガートルード・スタインであり、それをヘミングウェイが作品の中で使い始めた。ロスト・ジェネレーションとは、戦争に参加してその体験を背負ってアメリカに帰ったのちにヨーロッパに渡った人たちのことを指し、それらの人物を扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家であり、フィッツジェラルド、ドス・パソス、フォークナー、ヘミングウェイが代表的な作家である。
     フィッツジェラルドは、金銭的な理由により作品を発表することがほとんどで金に困ると短編集を出していたが、パリで生活をした時には充実した作家生活を送り、そこで発表しされたのが『偉大なるギャッツビー』である。主人公は貧しい家庭の出身で、成功を夢見て都会の上流社会にやってくるが、挫折を味わい、最終的に殺されてしまうという話で、第一次世界大戦で受けた傷によってこれまでのアメリカの伝統的な価値観が破壊され、それがアメリカの悲劇として表わされた。従来の客観的な描写する手法から話者が主人公の物語を語ると手法をとったことが、途中の場面に全体を象徴する意味を付与することができ、ギャッツビーに建国以来のアメリカのフロンティア・スピリットや理想主義を凝縮させ、これが退廃した現代の産業社会に埋もれてしまう様を印象づけることができたのだ。
     ドス・パソスは第一次世界大戦に積極的に参加しており、代表作にその当時の時代様相を時代の波に翻弄された人間を通して描いた『U・S・A』ある。この作品は第一部『北緯42度線』、第二部『1919年』、第三部『巨富』の三部から成り、『北緯…』では当時の第一次世界大戦後の社会を批判し、社会主義思想に傾倒する主人公を描き、『1919年』では欲に溺れて堕落していく姿を、『巨富』では第一部、第二部で登場した人物の人生の後半が描かれ、その他に社会に対する敗北感を印象づける話で構成されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ロスト・ジェネレーションという言葉を定着させたのは、1920年代の若いアメリカの作家たちに多大な影響を与えたガートルード・スタインであり、それをヘミングウェイが作品の中で使い始めた。ロスト・ジェネレーションとは、戦争に参加してその体験を背負ってアメリカに帰ったのちにヨーロッパに渡った人たちのことを指し、それらの人物を扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家であり、フィッツジェラルド、ドス・パソス、フォークナー、ヘミングウェイが代表的な作家である。
     フィッツジェラルドは、金銭的な理由により作品を発表することがほとんどで金に困ると短編集を出していたが、パリで生活をした時には充実した作家生活を送り、そこで発表しされたのが『偉大なるギャッツビー』である。主人公は貧しい家庭の出身で、成功を夢見て都会の上流社会にやってくるが、挫折を味わい、最終的に殺されてしまうという話で、第一次世界大戦で受けた傷によってこれまでのアメリカの伝統的な価値観が破壊され、それがアメリカの悲劇として表わされた。従来の客観的な描写する手法から話者が主人公の物語を語ると手法をとったことが、途中の場面に全体を象徴する意味..

    コメント3件

    gems7691 購入
    端的にまとめられていた
    2006/07/10 20:32 (10年5ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 14:19 (10年3ヶ月前)

    fantasis 購入
    とても参考になりました
    2007/07/19 7:07 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。