T.S.エリオットの詩について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,319
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     T.S.エリオットの詩は現代イギリス文学の出発点となるT.E.ヒュームの思想に始まり、イマジズムの運動の影響を受けたと言える。T.E.ヒュームは人間性を尊重したヒューマニズムを背景とした文芸復興を批判し、俗世間と宗教世界は交わることなく、人間の能力は無限で神の領域に到達することなどはありえないとしている。このような理論をもとにエズラ・パウンドが現実に即したイメージの表現などを提唱したイマジズム運動が起こった。この運動はやがて衰退したが、エリオットらが推進したため影響は残した。
     エリオットは祖父がニューイングランドから移住してきた地であるセント・ルイスに生まれ、1906年にハーバード大学に入学するとウィリアム=ジョーンズ、ジョージ・サンタヤナなどの哲学者やアーヴィング、ハビットなどの文学者から知的影響を受ける。そして、アーサー・シモンズの『文学における象徴派運動』を読んで、ラフォルグをはじめとするフランス象徴派の詩人たちを知った。それとともにイギリスの劇作家たちを土台にして新しい詩体の開拓を始めた。即興風で淀みのない言葉、他の作品からの混成、不協和音をもつ言葉の並列、リズムの融通性、真情を包み隠すためのアイロニーやウィットを用いた文体である。アメリカが第一次世界大戦に参戦した年に処女詩集『プルーフロックとその他の観察』を発表した。突然のリズムの変化、詩語の精密さと意味が不連続であること、現代への言及と過去の反映、そしてその場限りの心象を並べ立て亡霊のごとく現われる中心思想によって第一次世界大戦が西洋文明にもたらした分断と疎外を語った。この特質を最もアイロニカルに表現した詩が『J.アルフレッド・プルーフロックの恋歌』である。ヴィクトリア朝風の劇的なセリフは内向したおどけた幻滅感と結合し、「私」の内部に引きこもり、外的世界と連絡を絶った霊的世界と通ずる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     T.S.エリオットの詩は現代イギリス文学の出発点となるT.E.ヒュームの思想に始まり、イマジズムの運動の影響を受けたと言える。T.E.ヒュームは人間性を尊重したヒューマニズムを背景とした文芸復興を批判し、俗世間と宗教世界は交わることなく、人間の能力は無限で神の領域に到達することなどはありえないとしている。このような理論をもとにエズラ・パウンドが現実に即したイメージの表現などを提唱したイマジズム運動が起こった。この運動はやがて衰退したが、エリオットらが推進したため影響は残した。
     エリオットは祖父がニューイングランドから移住してきた地であるセント・ルイスに生まれ、1906年にハーバード大学に入学するとウィリアム=ジョーンズ、ジョージ・サンタヤナなどの哲学者やアーヴィング、ハビットなどの文学者から知的影響を受ける。そして、アーサー・シモンズの『文学における象徴派運動』を読んで、ラフォルグをはじめとするフランス象徴派の詩人たちを知った。それとともにイギリスの劇作家たちを土台にして新しい詩体の開拓を始めた。即興風で淀みのない言葉、他の作品からの混成、不協和音をもつ言葉の並列、リズムの融通性、..

    コメント3件

    miushunmaho 購入
    さんこうになりました。
    2006/09/05 5:42 (10年3ヶ月前)

    shuripp 購入
    内容が足りない
    2006/10/11 0:58 (10年2ヶ月前)

    060430kandm 購入
    よくまとめられていましたが、各作品についてもう少し詳しい解説があるとよいと思います。
    2007/06/17 16:00 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。