社会科授業の危機

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数230
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?情報化社会と社会科授業の危機
     今日の情報化の勢いはIT技術の発展により凄まじいものがあり、興味があって調べようと思えば、いつでもどこからでも情報は取り入れられる。よって、社会科の授業は教師−生徒間、生徒間同士の情報格差を受認しつつ生徒たちの興味を喚起する共通な話題を見つけて展開することとなる。社会科に興味のある生徒だけを活躍させてはいけないし、また全く活躍の場を与えないようにしてもいけないようバランスをとることは難しい問題であると感ずる。情報というものは事実そのものでなく脚色されている場合が多く、また、情報そのものを伝えるだけで、なかなかそれらを抽象する力は身につかない。そして、情報は自分の経験していないことが多いので、知識を得るための方法がおろそかにされてものの見方が偏ってしまう傾向にある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化社会と社会科授業の危機
    今日の情報化の勢いはIT技術の発展により凄まじいものがあり、興味があって調べようと思えば、いつでもどこからでも情報は取り入れられる。よって、社会科の授業は教師-生徒間、生徒間同士の情報格差を受認しつつ生徒たちの興味を喚起する共通な話題を見つけて展開することとなる。社会科に興味のある生徒だけを活躍させてはいけないし、また全く活躍の場を与えないようにしてもいけないようバランスをとることは難しい問題であると感ずる。情報というものは事実そのものでなく脚色されている場合が多く、また、情報そのものを伝えるだけで、なかなかそれらを抽象する力は身につかない。そして、情報は自分の経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。