教育相談に必要なこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数765
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生徒との教育相談を行う上で必要なことがらとは
     私が生徒との教育相談(ここではカウンセリングという視点で取り上げる)を行う上で必要だと思うことがらは以下の3点である。
    1. 自分を知ること。
    2. カウンセラーとしての能力。
    3. 環境・条件を整えること。
    これら各々について理由をまとめ、レポートとする。
    ? 自分を知ること
     誰かの相談に乗るに当たり、私がまず重要だと考えるものは、自分自身の安定である。自分自身に安定した精神状態とそこから生まれる余裕がなければ、相手の相談を受容することは不可能である。そこで、自分自身の安定のために必要なものとは何か、それはまず自分自身をよく見つめ、理解することである。
      自分自身のコンプレックスなどを自分で理解・整理できていない場合、クライエントの話を自分自身の問題として受けてしまう可能性がある。これは治癒の妨害にもなりかねない。
      自分自身を理解するための具体的な手段としては、まず一人で考え(内省し)てみる。そして人と話してみる。(時にはカウンセリングを利用する。)  また20答法などのツールを使って自己分析をするなどして、自分を客観的に見つめ直す必要がある。
      このようにして自分と向き合い、嫌なところなどにも逃避することなく対峙し、客観的に自分を理解することが、カウンセリングの第一歩であろう。
    ? カウンセラーとしての能力
     講義でも取り上げた通りだが、学校カウンセリングとは、「内在的な価値を持った個々の生徒の自己実現を助ける過程」であり、学習指導、生徒指導合わせて生徒の人格の発達と形成を目的としている。従ってある程度の技法が必要となる。
     まず、共感的に他者を理解できること。これは人間の自己成長の傾向を信頼するロジャースの理論に従っているのだが、現象を観察するのではなく経験し、受容と共感的理解を示していくことで生徒と信頼関係を築くことが大切である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・教育相談レポート
    生徒との教育相談を行う上で必要なことがらとは
    私が生徒との教育相談(ここではカウンセリングという視点で取り上げる)を行う上で必要だと思うことがらは以下の3点である。
    自分を知ること。
    カウンセラーとしての能力。
    環境・条件を整えること。
    これら各々について理由をまとめ、レポートとする。
    自分を知ること
    誰かの相談に乗るに当たり、私がまず重要だと考えるものは、自分自身の安定である。自分自身に安定した精神状態とそこから生まれる余裕がなければ、相手の相談を受容することは不可能である。そこで、自分自身の安定のために必要なものとは何か、それはまず自分自身をよく見つめ、理解することである。
    自分自身のコンプレックスなどを自分で理解・整理できていない場合、クライエントの話を自分自身の問題として受けてしまう可能性がある。これは治癒の妨害にもなりかねない。
    自分自身を理解するための具体的な手段としては、まず一人で考え(内省し)てみる。そして人と話してみる。(時にはカウンセリングを利用する。) また20答法などのツールを使って自己分析をするなどして、自分を客観的に見つめ直す必要..

    コメント1件

    04gs105 購入
    カウンセリングの重要性がわかります。
    2006/05/09 14:36 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。